盧泰愚

韓国の軍人、政治家、第13代大韓民国大統領 (1932 - 2021)

盧 泰愚(ノ・テウ、韓国語:노태우、 1932年12月4日 - 2021年10月26日[1])は、大韓民国軍人政治家。第13代大統領(在任: 1988年 - 1993年)、同国最後の軍人出身の大統領。第12代国会議員[2]ハナフェ[3]の一員。祖籍は山東省本貫は、交河盧氏は「庸堂」(ヨンダン、용당)。仏教徒[2]

盧泰愚ノ・テウ
노태우
Roh Tae-woo - cropped, 1989-Mar-13.jpg
1988年

任期 1988年2月25日1993年2月24日
首相 李賢宰朝鮮語版(1988年)
姜英勲(1988年 - 1990年)
盧在鳳朝鮮語版(1991年)
鄭元植朝鮮語版(1991年 - 1992年)
玄勝鍾朝鮮語版(1992年 - 1993年)

出生 (1932-12-04) 1932年12月4日
大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮 慶尚北道達城郡公山面新龍洞
(現:大邱広域市東区新龍洞)
死去 (2021-10-26) 2021年10月26日(88歳没)
大韓民国の旗 韓国 ソウル特別市
政党 民主正義党民主自由党
出身校 陸軍士官学校
配偶者 金玉淑
署名 Roh Tae-Woo signature.svg
盧泰愚
各種表記
ハングル 노태우(南)
로태우(北)
漢字 盧泰愚
発音: ノ・テウ(南)
ロ・テウ(北)
日本語読み: ろ たいぐ
ローマ字 No Tae-u(南、2000年式
No T'aeu(南、MR式
Ro Tae-u(北、2000年式)
Ro T'aeu(北、MR式)
英語表記: No Tae-woo(南)
Roh Tae-woo(北)
テンプレートを表示

プロフィール編集

1932年12月4日日本統治時代大邱で生まれた。朝鮮戦争勃発に伴い入隊し、陸軍士官学校全斗煥(のちに大統領)と同期(11期)[4]。空輸特戦旅団長・第9師団長などを歴任する。この間、全斗煥らとハナフェ(ハナ会・一心会)を結成した。

第9師団長在任中(階級は陸軍少将)の1979年12月12日に、ハナフェのメンバーとともに粛軍クーデターを起こす。

1981年文民になるため退役。政務第二長官を経て体育相・組織委員長としてソウルオリンピックの実務全般を取り仕切った。

1982年に当時の警察トップである内務部長官に就任した。
これは同年発生した禹範坤による大量殺人事件の発生直後に当時の徐廷和内務部長官が辞職した(実際は初動対応の遅さが原因で被害を拡大させたことに絡めて就任間もない劉彰順内閣や全斗煥大統領の政権運営批判に及ぶことを恐れたことによる事実上の解任)ことに伴って急遽就任したものだった。
この人事によって盧は政界への足がかりを掴むことに成功した。

1987年、高まりつつある民主化要求に対し、次期大統領候補として「オリンピック終了後、然るべき手段で信を問う用意がある」と声明(6・29民主化宣言)を発表。その直後、1971年大韓民国大統領選挙以来16年ぶりに行われた民主的選挙民主正義党から立候補し、文民出身候補が金泳三金大中の2人に別れたため韓国大統領に当選した。選挙のときは親しみやすさと自身の耳の大きさ(韓国では話を聞く人は耳が大きいとされる)を前面に押し出し、朴正煕政権から続いていた軍人出身大統領と異なる印象を国民に持たせることに成功した。翌1988年2月25日に第13代大韓民国大統領に就任した[5][6]

大統領就任後、前大統領であった全斗煥政権時代の不正容疑を徹底追及する一方で、激しく対立していた金泳三金鍾泌を与党に取り込むなど国政の安定を図った。

外交面ではマルタ会談での冷戦終結を受けて、「北方外交」を提唱して共産圏との関係改善に乗り出し、1990年ソビエト連邦1992年には中華人民共和国中韓国交正常化)と国交を樹立した。なお、中国との国交樹立により韓国は中華民国(台湾)とアジアで最後に断交した国となった。

対日関係では1990年に民主化後の大統領として初めて来日し、当時の皇太子明仁親王海部俊樹首相と会談した。但しこの際の共同声明の内容に対し、自民党内から批判の声が上がった(詳細は小沢一郎を参照)。また従軍慰安婦問題を対日遡上に乗せた初の大統領である。翌年海部が訪韓し盧泰愚と会談。その席で、懸案であった在日韓国人指紋押捺廃止を要求し、後に実施された。

朝鮮統一問題では、1991年9月17日には朝鮮民主主義人民共和国との国際連合南北同時加盟を実現し、同1991年12月13日南北基本合意書を締結している。

1993年2月24日の大統領退任後、1995年に政治資金隠匿が発覚し拘束された。一審で無期懲役の判決を受け1995年11月16日にソウル拘置所に収監された[7][8]。控訴審では懲役15年、2628億ウォンの追徴金を言い渡された。その後粛軍クーデター光州事件でも再捜査を求める世論が起こり、金泳三大統領は後粛軍クーデターと光州事件の再捜査を指示した。1996年から捜査が行われ、1997年4月17日にそれらを含めた公判で最高裁判所は懲役17年、追徴金2688億ウォンを宣告した[9][10]。 1997年12月22日に特赦された[11][12]

2012年6月、大統領在任中に作った秘密政治資金の一部を、長男の妻の父親に預けたとして、検察に捜査を依頼した[13]

2012年12月12日、不正蓄財や追徴金未納などに不満を抱いた男(2007年三田渡碑に落書きをした男と同一人物)によって大邱市内の生家が放火された。シンナー2リットルを撒いてライターで火を付けられたが、床やテレビ、ドアの一部を焼いただけで直ぐに鎮火した。後に逮捕された男には懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の判決が言い渡された。

2013年9月、未納となっていた追徴金230億ウォンについて、親族が代納すると発表した。この後、同じく追徴金の未納があった全斗煥元大統領側も、完済を発表した。

2021年10月26日、入院先のソウル特別市内の病院にて88歳で死去[14][15][16][17][18]。10月27日、韓国政府は葬儀を国葬として営むと決めた[19]。韓国で国葬に処されるのは史上4人目である。一方で、光州事件への関与を巡って世論の評価は分かれており、光州広域市など一部自治体は、弔旗掲揚を拒否した。

2021年10月30日、国葬に当たる国家葬がソウル市松坡区オリンピック公園の平和の広場で行われた[20]。告別式終了後にソウル追悼公園火葬され、臨時安置された後に京畿道坡州にある統一東山に埋葬が予定されている[21]

経歴編集

出典編集

  1. ^ 최새일 (2021年10月26日). “韓国・盧泰愚元大統領死去 民主化宣言しソウル五輪に成功” (日本語). 聯合ニュース. 2021年10月26日閲覧。
  2. ^ a b 대한민국헌정회”. www.rokps.or.kr. 2022年3月13日閲覧。
  3. ^ 朴正煕時代に全斗煥によって組織された軍人グループ。軍要職を独占した。池東旭『韓国大統領列伝 権力者の栄華と転落』 中公新書、2002年154頁、174頁他。
  4. ^ 池東旭『韓国大統領列伝 権力者の栄華と転落』 中公新書、2002年174頁。
  5. ^ KBSニュース9(韓国語)(1988年2月25日)
  6. ^ MBCニュースデスク(韓国語)(1988年2月25日)
  7. ^ KBSニュース9(1995年11月16日)(韓国語)
  8. ^ MBCニュースデスク(1995年11月16日)(韓国語)
  9. ^ KBSニュース9(1997年4月17日)(韓国語)
  10. ^ MBCニュースデスク(1997年4月17日)(韓国語)
  11. ^ KBSニュース9(韓国語)(1997年12月22日)
  12. ^ MBCニュースデスク(韓国語)(1997年12月22日)
  13. ^ 「秘密資金もっとある」 盧泰愚元大統領が捜査依頼 - KBS WORLD(2012年10月4日閲覧)
  14. ^ KBSニュース9(2021年10月26日)(韓国語)
  15. ^ MBCニュースデスク(2021年10月26日)(韓国語)
  16. ^ SBS8ニュース(2021年10月26日)(韓国語)
  17. ^ “韓国・盧泰愚元大統領死去 民主化宣言しソウル五輪に成功”. 聯合ニュース. (2021年10月26日). https://jp.yna.co.kr/view/AJP20211026002400882?section=politics/index 2021年10月26日閲覧。 
  18. ^ 奇遇にもこの日は朴正煕の命日であった。
  19. ^ “盧泰愚元大統領を国家葬に 文大統領「成果もあった」”. 日本経済新聞. (2021年10月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM277HT0X21C21A0000000/ 2021年10月28日閲覧。 
  20. ^ {{subst:KBS NEWS|5313300|고 노태우 전 대통령 국가장 영결식}}(2021年10月30日11:00)
  21. ^ “天皇に「強いおわび」を要求した「盧泰愚元大統領」死去、無期懲役判決などで国家葬には強い反対の声が”. デイリー新潮. (2021年11月2日). https://www.dailyshincho.jp/article/2021/11020603/?all=1&page=2 2021年11月6日閲覧。 
  22. ^ 大邱(テグ)出身で、慶北高校同窓の者は、TK人脈と呼ばれ、大きな意味を持った。朴正熙時代に覇権を握った嶺南軍閥主流は慶北高校同窓生が占めていた。池東旭『韓国大統領列伝 権力者の栄華と転落』 中公新書、2002年174頁。

関連文献編集

  • 金浩鎮 小針進・羅京洙訳 『韓国歴代大統領とリーダーシップ』 柘植書房新社 2007年  
  • 池東旭 『韓国大統領列伝 権力者の栄華と転落』 中公新書、2002年
  • 池東旭『韓国の族閥・軍閥・財閥 支配集団の政治力学を解く』 中公新書、1997年
  • 厳相益、金重明訳 『被告人閣下 全斗煥・盧泰愚裁判傍聴記』文藝春秋、1997年
  • 姜尚求訳『民主主義と統一の時代 盧泰愚演説集』柿の葉会、1990年
  • 李敬南、姜尚求訳『盧泰愚 壁を越えて 和合と前進』冬樹社、1988年
  • 木村幹『韓国現代史――大統領たちの栄光と蹉跌』中公新書、2008年、ISBN 9784121019592

関連項目編集