サイレント・インベージョン

目に見えぬ侵略から転送)

サイレント・インベージョン ~オーストラリアにおける中国の影響~』(静かなる侵略英語: Silent Invasion: China's influence in Australia)は、クライブ・ハミルトンが上梓した2018年の著作で、オーストラリアの政界英語版や市民社会における中国共産党の影響力増大について書かれている。本書では、中華人民共和国政府がオーストラリアにおける自国の諜報網と影響力を拡大するために行っている体系的な企てが詳述されている[1]。著者の主張によると、中国の影響力増大が「オーストラリアの主権の侵食」を引き起こしているとのこと[2]

サイレント・インベージョン ~オーストラリアにおける中国の影響~
Silent Invasion: China's influence in Australia
著者クライブ・ハミルトン
オーストラリアの旗 オーストラリア
言語英語
題材中国共産党中豪関係中国系オーストラリア人反体制派中国人中国語版英語版
ジャンルノンフィクション
舞台設定オーストラリアおよび中華人民共和国
出版社ハーディー・グラント (Hardie Grant)
出版日2018年2月22日
ページ数376
ISBN9781743794807 (ペーパーバック)
目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画
著者クライブ・ハミルトン
翻訳者奥山真司(翻訳)、山岡鉄秀(監訳)
日本の旗 日本
言語日本語
題材中国共産党中豪関係中国系オーストラリア人反体制派中国人中国語版英語版
ジャンルノンフィクション
舞台設定オーストラリアおよび中華人民共和国
出版社飛鳥新社
出版日2020年5月28日
ページ数428
ISBN9781743794807 (原著)
邦訳のISBNは9784864107471
ウェブサイト目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画

カナダにおける中国の影響について書かれたジョン・マンソープ (John Manthorpe) による2019年の著作『パンダの爪』にも類似性が見られる。

出版編集

原著編集

当初、本書は2017年11月に刊行される予定であったが、最初に出版しようとしていたアレン・アンド・アンウィン英語版が「(我が社が)北京政府や北京の息がかかったオーストラリアの代理人から標的にされる恐れがある」との法的な懸念を示したため延期された。ハーディー・グラント・ブックス (Hardie Grant Books) が本書の出版に合意した後、刊行された[2][3]

漢訳編集

2019年3月20日、台湾の出版社左岸文化より『音なき侵入 ~オーストラリアにおける中国因素中国語版~』(繁体字中国語: 無聲的入侵:中國因素在澳洲ISBN 9789865727833)として繁体字中国語訳が出版された[4][5]

邦訳編集

2020年5月28日、飛鳥新社より『目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画』として日本語訳が出版された[6]

出典編集

  1. ^ Brophy, David (2018年4月). “David Brophy reviews 'Silent Invasion: China’s Influence in Australia' by Clive Hamilton” (英語). Australian Book Review. 2019年5月30日閲覧。
  2. ^ a b Welch, Dylan (2018年2月22日). “Chinese agents 'infiltrating church groups to undermine Australia's sovereignty'” (英語). ABC News. 2019年5月30日閲覧。
  3. ^ Australian Book on China's 'Silent Invasion' Withdrawn At Last Minute Amid Legal Threats” (英語). Radio Free Asia (2017年11月13日). 2019年5月30日閲覧。
  4. ^ 無聲的入侵:中國因素在澳洲 | 讀書共和國網路書店 (繁体字中国語)
  5. ^ 《無聲的入侵》:中共如何在澳洲的大學推行「思想工作」? - The News Lens 關鍵評論網 (繁体字中国語)
  6. ^ 目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画”. 飛鳥新社 (2020年5月). 2020年5月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集