メインメニューを開く

目白文化村(めじろぶんかむら)は、大正時代から昭和時代にかけて存在した、郊外住宅地の名称。現在の東京都新宿区中落合1丁目と2丁目の一部、3丁目と4丁目の大半、中井2丁目、西落合1丁目一部にかかる一帯の区域に該当する。

1914年堤康次郎が、東京府落合村下落合の大地主宇田川家から2667坪を購入。以後毎年の様に早稲田大学近衛家相馬家所有の地所など周辺の土地を入手していった。更に堤自身も下落合に居を構えると共に、堤の経営する箱根土地や東京護謨(現在の西武ポリマー化成)が事業拠点を移すなど、一体の開発を本格的に始めていった。

住宅地としての土地分譲は、1922年6月に目白不動園として分譲を開始した<第一文化村>が始まりである。この時は箱根土地が売主となっている。翌年には早大の所有地だった一帯を<第二文化村>として分譲を開始、折りしも関東大震災が発生し被害が軽微だった一帯への転入者が増えてくる。更に1924年に <第三文化村>、1925年には<第四文化村>と旧近衛邸跡地(のちの目白近衛町、現在の新宿区下落合の一部)、1929年に<第五文化村>を分譲する。1927年には西武新宿線が開通し、交通の便も更に良くなった。

しかし、1935年から山手通りの建設が始まり、山手通りが文化村を縦断。東京大空襲では大半の住宅が焼失し、戦前の面影は殆ど無くなってしまった。更に1967年には新目白通りの開通によって、一帯は縦横に分断され現在に至る。

関連項目編集

外部リンク編集