メインメニューを開く

直心影流薙刀術(じきしんかげりゅうなぎなたじゅつ)は、薙刀術流派

松本備前守に始まる直心影流剣術と同一の系譜を称しているが、直心影流剣術とは直接の関係はない。 直心影流剣術柳影流薙刀術を学んだ佐竹義文(鑑柳斎)が、明治時代直心柳影流という流派を開いたのが元である。 それが、いつの時期か「柳」の字が省かれ、直心影流薙刀術となった。

小脇の構と車返しの技が特徴。

現在は直猶心流鎖鎌術が併伝されている。

関連項目編集

外部リンク編集