メインメニューを開く

直方山笠(のおがたやまがさ)は、福岡県直方市多賀神社に奉納される山笠行事である。

概要編集

起源は不明。以前は新町南区、新町西区、新町北区、古町南区、古町中区、古町北区、外町区の7台が出ていたが、後に新町祇園山笠、多賀区山笠、古町中区山笠、古町北区山笠の4台となった。

毎年、山笠の夏季運行は7月の最終土日に行われている。 しかし本来の山笠は、10月の第3土日に催される多賀神社の日若祭にて、4年に一度の神幸行列に供される御神体であるため、秋季も運行することがある。(現在の神幸行列、秋季運行は不定期開催である。最後に年2回、もしくは秋季運行されたのは平成10年。)

2006年7月29日に、運行に参加していた男性が山笠に轢かれ死亡するという事故がおこった。このため翌日の運行が中止、また4区の申し合わせにより2007年の山笠行事も中止となったが、安全対策などを検討した上で2008年から再開された。

博多祇園山笠になぞらえ、各区山笠の名称に流をつけることがあるが、実際は間違いである。

山笠の形態編集

古来は博多祇園山笠の飾り山笠と同系の背の高いものだったが、明治時代に電線の都合で置き山となり、その後背の低い山笠を運行するようになった。

この山笠は中心にお堂を置き、前後から観賞できるように周囲に複数の人形を置く、横広がりの形となった。飾りや人形の配置は、ほぼ左右対称となっている。博多と異なり曳き山笠であり、夜は多数の電飾で照らされ運行される。近隣の地区においては同様の形態の山笠が数多くあり、「直方系」と分類されている。

外部リンク編集

直方山笠 | 福岡、筑豊のお祭り:http://nogatayamagasa.net/