メインメニューを開く

直方機関区(のおがたきかんく)は、かつて福岡県直方市にあった日本貨物鉄道機関区である。

筑豊本線を始めとする筑豊炭田地域各線で運用される機関車が配属されていた。

沿革編集

主な所属車両編集

蒸気機関車
  • 3100形 -(在籍1931年-1941年)
  • 5700形 -(在籍1931年)
  • 8620形 -(在籍1931年-1943年、1953年-1955年)
  • 8900形 -(在籍1931年-1933年)
  • 9600形 -(在籍1931年-1965年)
  • C50形 -(在籍1933年-1935年)
  • 8550形 -(在籍1935年)
  • C11形 -(在籍1937年-1947年、1951年-1965年)
  • C12形 -(在籍1937年)
  • 6760形 -(在籍1939-1951年)
  • C58形 -(在籍1939年-1941年)
  • D50形 -(在籍1943年-1965年)
  • 1325形 -(在籍1947年-1949年)
  • 230形 -(在籍1951年)
  • D60形 -(在籍1953年、1957年-1965年)
  • B20形 -(在籍1955年-1957年)
  • D51形 -(在籍1963年-1965年)
  • 「国鉄動力車配置表』1931年より1965年までの1945年を除く隔年分から『世界の鉄道』1967年、朝日新聞社
ディーゼル機関車
内燃動車

所属車両の車体に記されていた略号編集

  • 「直」 - 「直方」を意味する「直」から。

その他編集

  • 機関区所属乗務員の殉職者を追悼する碑が旧機関区近くの西徳寺境内にある。

関連項目編集