メインメニューを開く

直 (姓)

(あたい)は、ヤマト政権のもとで行われた(かばね)の一つ。「費」・「費直」とも記した。

目次

概要編集

 
人物画像鏡

(おみ)・(むらじ)など、中央豪族が保持した称号とは異なり、東漢氏(やまとのあやうじ)に代表される渡来人や、国造(くにのみやつこ)などの地方豪族に与えられた例が多い。直姓氏族は210あまり存在していた。

語源は、朝鮮の古語で「上長」を意味するものであったという。天皇と同等の力で地方政治を取り仕切っていた国造を「あたひ」と呼んだことに由来するようである。「直」とは「ぴったりと一対一で合う」という意味の「あたあひ」が転訛したものである。しかし「直」は「ただ」ともよむので、上に「費」を書いて区別することもあったという。

日本最古の金石文と呼ばれる隅田八幡神社人物画像鏡の銘文には、

癸未年八月日十大王年男弟王在意柴沙加宮時斯麻念長寿遣開中費直穢人今州利二人等取白上同二百旱作此竟

とある。この「開中費直」は「かわちのあたい」とよみ、姓の初出例である。「癸未」年をいつに比定するかによって、443年説、503年説の2つが考えられている。

これは『日本書紀欽明天皇2年(541年)の箇所に引用された「百済本記」の「加不至費直」(かふちのあたひ、現代仮名遣いではこうちのあたい)[1]に相当するのではないか、とも言われており、すなわち、5 - 6世紀にはこの称号があったことが判明している。なお、河内直は、天武天皇10年(681年)には「連」に改姓している。この時、他の「直」「造」姓など13氏族も改姓させられている[2]683年にも同様に52氏族に「連」姓が与えられた[3]

さらに、八色の姓が制定され、685年には上述の元「直」姓を含む新「連」氏族から11氏族が選ばれて、第4位の忌寸(いみき)を賜姓されている[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本書紀』欽明天皇2年7月条
  2. ^ 『日本書紀』天武天皇2年4月2日条
  3. ^ 『日本書紀』天武天皇12年9月23日条、10月5日条
  4. ^ 『日本書紀』天武天皇14年6月20日条

参考文献編集

関連項目編集