メインメニューを開く

相内駅

日本の北海道北見市にある北海道旅客鉄道の駅

相内駅(あいのないえき)は、北海道北見市相内町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線である。駅番号A57電報略号アイ

相内駅
JR Sekihoku-Main-Line Ainonai Station building.jpg
駅舎(2018年7月)
あいのない
Ainonai
A56 留辺蘂 (10.9km)
(4.6km) 東相内 A58
所在地 北海道北見市相内町
駅番号 A57
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 石北本線
キロ程 169.1km(新旭川起点)
電報略号 アイ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1912年大正元年)11月18日
備考 無人駅
テンプレートを表示

歴史編集

 
1977年の相ノ内駅と周囲約1km範囲。右が網走方面。駅裏留辺蘂方の防腐工場へ本線脇を専用線が敷かれている。北見方にも短い木工所(松下木材)向け専用線があり、多くの貨車が留置きされている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅名の由来編集

所在地名より。アイヌ語の「アイヌオナイ( ainu-o-nay)」(人・多い・沢)が転訛したものとされる[4]

当初駅名は地区の中でも武華川上流にあったため上相ノ内とされたが、同地が市街の枢要地であることから、現在の東相内駅を、相ノ内駅から東相ノ内駅に改称すると同時に、相ノ内駅とし[5]、その後「ノ」が取れ現在の駅名となった。

駅構造編集

単式・島式ホーム2面2線の複合ホーム。ホーム間の線路は両方と接するが、島式ホーム側は崩されており乗降は行わない。1番線は両方向に出発信号機や停止位置表示があり、上り列車同士の列車交換も可能。2番のりばへは構内踏切を渡る。

北見駅管理の無人駅

のりば
番線 路線 方向 行先
1 石北本線 下り 北見網走方面
2 上り 留辺蘂遠軽方面

利用状況編集

  • 2012年(平成24年)- 2016年(平成28年)の特定の平日の調査日における乗車人員平均は32.6人[6]
  • 2013年(平成25年)- 2017年(平成29年)の特定の平日の調査日における乗車人員平均は28.8人[7]
  • 2014年(平成26年)- 2018年(平成30年)の特定の平日の調査日における乗車人員平均は27.2人[8]

駅周辺編集

隣の駅編集

北海道旅客鉄道(JR北海道)
石北本線
特別快速「きたみ」・普通
留辺蘂駅 (A56) - *下相ノ内仮乗降場 - 相内駅 (A57) - 東相内駅 (A58)
*打消線は廃駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』28号・釧網本線/石北本線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月31日、22-23頁。
  2. ^ 北海道630駅 小学館 1993年発行。
  3. ^ “<こだま>「留萠駅」から「留萌駅」に”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1997年2月21日)
  4. ^ アイヌ語地名リスト ア~イチ P1-10”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月20日閲覧。
  5. ^ 本多 貢 (1995-01-25). 児玉芳明. ed (日本語). 北海道地名漢字解. 札幌市: 北海道新聞社. p. 99. ISBN 4893637606. OCLC 40491505. https://www.worldcat.org/oclc/40491505 2018年10月27日閲覧。. 
  6. ^ 石北線(新旭川・網走間), (日本語) (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区) (北海道旅客鉄道), (2017年12月8日), オリジナルの2017年12月9日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20171209102701/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/senku/pdf/senku/10.pdf 2017年12月10日閲覧。 
  7. ^ 石北線(新旭川・網走間), (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために) (北海道旅客鉄道株式会社): p. 4, (2018年7月2日), オリジナルの2018年8月19日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180818171718/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/region/pdf/senku/10.pdf 2018年8月19日閲覧。 
  8. ^ 石北線(新旭川・網走間) (PDF)”. 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために). 北海道旅客鉄道. p. 4 (2019年10月18日). 2019年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月18日閲覧。
  9. ^ 路線図 温根湯・留辺蘂運動公園線(留辺蘂・温根湯方面行)”. 北海道北見バス. 2019年6月21日閲覧。
  10. ^ 路線図 石北号(旭川行)”. 北海道北見バス. 2019年6月21日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集