メインメニューを開く

相川 浩(あいかわ ひろし、1933年7月6日 - 2003年11月27日)は、日本フリーアナウンサー。元NHKアナウンサー神奈川県横須賀市出身。

来歴・人物編集

東京都立西高等学校東京経済大学卒業後の1957年、NHKに入局。『NHK紅白歌合戦』総合司会(1975年 - 1978年)、夏の紅白とも称される『思い出のメロディー』、『ゲーム ホントにホント?』(1975年 - 1976年)、『お国自慢にしひがし』(1976年 - 1978年)などの看板番組を担当した。『思い出のメロディー』では通算12回司会を担当、司会の最多記録となっている。

1991年7月にNHKを定年退職してフリーに転じ、1991年10月から日本テレビNNNニュースプラス1』のメインキャスターを徳光和夫の後任として1992年9月まで1年間担当した。また、『NNNニュースプラス1』担当終了後は、埼玉県新座市十文字学園女子短期大学教授を経て、1995年4月からは母校・東京経済大学コミュニケーション学部教授を務め、2002年3月に退職。

夏休みを取ったことがないほどの“仕事人間”でもあった。著書に『おはよう心が元気です』(1985年)、『話し度胸はこうしてつける』(1986年)などがある。

2003年11月27日、肝不全のために死去。享年70。亡き後も、NHKで以前放送されていた相川の収録ナレーションの紀行番組(『あの人あの芸[1]、『日本百名山』等)が深夜に時折放送されている。

関連項目・人物編集

脚注編集