メインメニューを開く

相本 久美子(あいもと くみこ、1958年5月27日[1] - )は日本女優タレントアイドル。本名:倉内 久美子(くらうち くみこ)[1]。旧姓:相本。旧芸名:近藤久美子。血液型:B型[1]身長:160cm。

あいもと くみこ
相本 久美子
別名義 近藤久美子
生年月日 (1958-05-27) 1958年5月27日(61歳)
出生地 日本の旗 日本東京都港区
血液型  B型
ジャンル アイドルタレント女優
活動期間 1974年-
事務所 芸映プロダクション
公式サイト 公式サイト
主な作品
『TVジョッキー』
テンプレートを表示

東京都[1]港区出身。所属事務所はスペースプロ → 芸映プロダクション、歌手活動当時のレコード会社はCBSソニー東芝EMI

来歴・人物編集

1958年5月27日誕生。中学3年在学中の1973年9月1日牧葉ユミのサイン会場に於いて牧葉本人から直接スカウトされ、1974年9月21日、「近藤久美子」の芸名とシングル『小さな抵抗』で歌手デビューする。

新座市立第二中学校明治大学付属中野高校夜間部卒業。

1975年、雑誌の企画で西城秀樹と共演したことがきっかけで芸映プロに移籍する。相本によれば複数の新人歌手と西城との連載企画だったが、取材終了後、西城が芸映に彼女の移籍を推薦したという。

1976年、芸名を本名の「相本久美子」に改名。以降、歌・ドラマ・司会・雑誌のグラビアと多方面で活躍し、マルチタレントの先駆け的な存在となった。

代表的な仕事としては1976年から1981年まで務めた『TVジョッキー』の司会が挙げられる。メイン司会の土居まさるの補佐兼マスコット的なポジションだったが、(番組内の「奇人・変人コーナー」の参加者の去り際に相本が言う参加賞の「白いギターとジーンズをお持ち帰り下さい」は常套句であった)この番組は生放送だったこともあってハプニングが絶えず、頭の回転が速い彼女は時に、蛇が苦手だった土居(出てくると場を放棄して逃げていた)に代わって進行を取り仕切ったことも多々あった。

また、当時『TVジョッキー』の衣装にミニスカートを選ぶことが多く、均整の取れたスタイルと長い手足にミニの衣装や水着がよく映えたことから、この時期、数多くの雑誌のグラビアや表紙を飾ることになった。

歌手活動に関しては、彼女自身の歌唱は一定の水準を満たしていたが、事務所移籍後、積極的に取り組んだのが二十歳前後と、アイドル歌手としてはやや年齢が高かった。またアイドル歌謡全体がニューミュージックの台頭で一時停滞し、その後いわゆる1980年デビュー組によって一気に世代交代した時期と活動期間が重なったこともあり、レコードセールス的には振るわず、各種賞番組に絡むことはなかった。

1982年以降は芸能活動の中心をドラマに移し、数多くの作品に出演する。1985年のドラマ『土曜ワイド劇場 狙われた婚約者』では手術室で白衣を引き裂かれるシーンは他の女優の吹き替えだとされている。

私生活では1987年ミュージシャンの男性と結婚、翌年3月に1女を出産する。以降仕事を控えて子育てに務めるが、1994年に離婚する。

子育てが一段落した1999年頃から本格的に芸能活動を再開。現在はテレビドラマ等で活躍する中堅女優・タレントである。

2012年4月に初孫が誕生した。

2014年9月、デビュー40周年を迎え歌手活動を再開ライブ活動を精力的に行う。

2015年、新曲『Dearest for you』初のCDをリリースすることが決定した。また9月20日にはレコ発!『Dearest for you』 The 40th - 41st anniversary Live partyをケネディハウス銀座で開催。40周年最後の日に17曲を熱唱した。

2016年5月22日、「相本久美子バースデーライブ ♡ With You 2016 ♡ ♫楽しいひとときをあなたと」をラドンナ原宿で開催。ファン一同から白いマイクをプレゼントされる。

2016年10月2日、「相本久美子 Live Style Vol.1」を恵比寿 天窓.Switchで開催。

2017年2月5日、「相本久美子 Live Style Vol.2」を恵比寿 天窓.Switchで開催。

2017年5月27日、相本久美子 バースデーライブ「With You 2017」ラドンナ原宿で開催。演奏曲は、ファンによるオールリクエスト。ファン企画によるお楽しみコーナーなども盛りだくさんで好評。

2017年9月30日、「相本久美子 Live Style Vol.3」を恵比寿 天窓.Switchで開催。大量の紙テープが投げられ「アイドル時代のようでした(笑)」と感想を述べている。

2018年1月1日、ブログで「40数年お世話になった事務所を退社いたしました。まだ、先の事は何も決めていません。還暦を迎える年、また新たな一歩を踏み出す事になりました。40周年から続けて来たライブは、ファンの皆さんとお会いできる唯一の場所なので、今まで通り、できる限り頑張って行こうと思っています。どうぞ、これからもフリーになった私をよろしくお願いします!」と芸映退社とフリー宣言をした。

2018年2月12日、「相本久美子 Live Style Vol.4」を恵比寿 天窓.Switchで開催。ステージが隠れてしまうほどの紙テープ!皆んなの愛に感謝!と感想を述べている。

2018年5月27日、相本久美子 バースデー・イベント「カンシャ♡カンレキBirthday Live 2018」をラドンナ原宿で開催。ファン一同から、スポーツウオッチ、表彰状、寄せ書きを贈られる。

バースデーライブに来てくれた皆さん、ありがとう!たくさんの「おめでとう!」の声に包まれて幸せでした。

キレイなお花やプレゼント、たくさんありがとう!表彰状もありがとう!還暦まで、続けて良かった。と感想を述べている。

2018年9月27日、「相本久美子 Live Style Vol.5」を恵比寿 天窓.Switchで開催。ファン総立ちで「YMCA」を熱唱、今日は、スタンディングになったり

皆んなとたくさん歌ったりで疲れませんでしたか(笑)紙テープもたくさん飛んで、舞台の上はカラフルでした 楽しんでもらえましたか お花やプレゼントもありがとうまた、会いにきてね。と感想を述べている。

2019年2月11日、「相本久美子 Live Style Vol.6」 寒い中来てくれてありがとう今日は、スタンディングが多くてみんな疲れなかったかな

アンコールは盛り上がりましたねみんな一緒に歌ってくれて、コールも入れてくれて、ありがとうまた、楽しい想い出ができました。

キレイなお花やプレゼントもたくさんありがとう。今日はとっても寒かったから、帰りに風邪ひかなかったか心配です。

たくさんの紙テープでステージが見えなくなるほど皆んな、ありがとうと感想を述べている。

音楽編集

  • シングルは1974年から1981年迄の間に14枚発売されたが、オリコンチャートベスト10に到達した曲はない(最高は『初夏景色』の59位)。また、アルバムはオリジナルが2枚発売されている。
  • 2015年9月に34年ぶりの新曲初のCDシングル『Dearest for you』を発売した。

シングル編集

  • 「小さな抵抗」~「お熱いのはお好き?」まではCBSソニーから、「5つの銅貨」~「夏☆なのにI LOVE YOU」までは東芝EMIから、「Dearest for you」はnobara recordsより発売。また、「小さな抵抗」~「1と5」までは近藤久美子名義でリリースしている。
# 発売日 A面
B面
タイトル 作詞 作曲 編曲
1970年代
1 1974年
9月21日
A
小さな抵抗 千家和也 森田公一 高田弘
B
くちづけの誤解 馬飼野俊一
2 1975年
1月21日
A
聞きたいことがあるの 千家和也 穂口雄右
B
海の見える丘
3 1975年
6月1日
A
1と5 千家和也 森田公一 高田弘
B
いちごの涙
4 1976年
3月21日
A
初夏景色[2] 阿久悠 森田公一 馬飼野俊一
B
悲しみ日記
5 1977年
7月21日
A
さよならはそれから 麻生香太郎 佐藤健 林哲司
B
ひとりごと 佐藤順英 西島三重子
6 1978年
5月21日
A
涙のドライブ 橋本淳 平尾昌晃 萩田光雄
B
恋の振子 つのだひろ 馬飼野康二
7 1978年
10月21日
A
ヒロイン 橋本淳 平尾昌晃 萩田光雄
B
しあわせへの階段
8 1979年
2月25日
A
チャイナ・タウンでよろめいて 松本隆 穂口雄右 矢野誠
B
あの日、雨が降らなければ…
9 1979年
6月21日
A
お熱いのはお好き? 松本隆 穂口雄右 大村雅朗
B
飛んで火にいる夏の恋
1980年代
10 1980年
2月5日
A
5つの銅貨 門谷憲二 和泉常寛 村岡健
B
アモーレ アモーレ アモーレ
11 1980年
5月21日
A
サマー・セイリング 竜真知子 小田裕一郎 信田かずお
B
オーシャン・ブルー
12 1980年
11月21日
A
EASY 康珍化 小田裕一郎 松井忠重
B
キス・ミー・イン・ザ・レイン
13 1981年
3月21日
A
揺れながらハーバーライト 小林和子 穂口雄右 上田薫
穂口雄右
B
そして…ひとり
14 1981年
7月5日
A
夏☆なのにI LOVE YOU 小林和子 穂口雄右
B
あなたの海からラブレター
2010年代
15 2015年
9月20日
A
Dearest for you 雨音琴美 浅見昂生 -
B
星影のスローダンス 夏海蒼穹

アルバム編集

書籍編集

エッセイ編集

  • 片想い(1979年10月15日発行、KKベストセラーズ) - フォト&ポエム、エッセイ
  • 愛なのにMiss Lonely いつかめぐり逢うあなたへ(1981年8月20日初版、ワニブックス)
  • 四半世紀のないしょ話(1999年5月27日発行、ネコパブリッシング)

写真集編集

  • 相本久美子写真集 フォトメッセージをあなたへ(1982年1月5日発行、近代映画社)

関連書籍編集

  • 「20世紀を輝いた美女たち」スター青春グラフィティ 池谷朗[昔]写真館 ISBN 4-87709-374-5

出演編集

バラエティー・教養番組編集

テレビドラマ編集

映画編集

  • 美女放浪記(1977年、松竹) - 生駒さより 役
  • HERO 天使に逢えば…(2004年、エンターテイメント倶楽部)
  • 東京大学物語(2006年、スープレックス、エム・エフボックス) - 遥の母親 役
  • ヨシナカ伝説 義仲穴〜ぎちゅうけつ〜(2014年、カエルカフェ

ミュージカル編集

  • 小公子セディ(2000年、イマジンミュージカル)
  • アルプスの少女ハイジ(2002年・2003年公演、イマジンミュージカル)
  • ハッピーファミリー(2005年)
  • 森は生きている(2006年、ライズ・プロデュース)

ラジオ編集

CM・広告媒体編集

注釈・出典編集

  1. ^ a b c d 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』日外アソシエーツ、2004年6月、8頁。ISBN 978-4-8169-1852-0
  2. ^ TBS系テレビドラマ「花吹雪はしご一家」挿入歌。
  3. ^ 1994年5月21日にCD化。
  4. ^ 2003年11月27日にCD化。

外部リンク編集