メインメニューを開く

相模原市立総合体育館(さがみはらしりつそうごうたいいくかん)は、神奈川県相模原市南区にある体育館。相模原市に本社を置く株式会社ギオンが2019年命名権を取得し、同年4月1日から「相模原ギオンアリーナ」(さがみはらギオンアリーナ、略称:ギオンア)の呼称を用いている(後述)。

相模原市立総合体育館
施設外観
施設情報
愛称 相模原ギオンアリーナ
用途 集会所、体育館
収容人数 1,598人(大体育室)
設計者 (株)石本建築事務所
施工 鹿島
事業主体 相模原市
管理運営 相模原市まち・みどり公社
構造形式 鉄筋コンクリート造、一部鉄骨
敷地面積 27,622.44m²
建築面積 9,811m²
延床面積 12,926m²
階数 地上2階、地下1階
高さ 20.7m
着工 1980年3月
竣工 1981年10月31日
所在地 252-0328
神奈川県相模原市南区麻溝台2284-1
フットサル(Fリーグ)の試合風景

目次

概要編集

市民のスポーツ・レクリエーションの振興を図るために、1981年11月にオープンした。施設は相模原市が所有し、2006年4月1日から指定管理者制度により、公益財団法人相模原市都市整備公社に運営管理を委託していたが[1]、2014年4月1日から相模原市まち・みどり公社になったため同公社に変更された。

年間利用者数は、40万人を超える(平成19年度)[2]

2008年10月から改修工事が行われ、2009年10月にリニューアルオープン[3]。周辺には相模原麻溝公園相模原公園などがある。

なお、中央区には名前の似た「相模原市体育館」が存在する。

施設編集

  • 大体育室
    • 面積 - 2,214m2 (61.5m×36m)
    • 利用可能数 - バレーボール4面、バスケットボール3面、バドミントン12面、テニス4面、卓球台30台など
    • 観客席数 - 1,598人(身障者席 16席を含む)
  • 中体育室
    • 面積 - 1,064m2 (34m×31.3m)
    • 利用可能数 - バレーボール2面、バスケットボール1面、バドミントン6面、卓球台15台など
  • 小体育室
    • 面積 - 629m2 (34m×18.5m)
    • 利用可能数 - バレーボール1面、バドミントン4面、卓球台8台など
  • 柔道場 - 2面、256畳
  • 剣道場 - 2面
  • トレーニング室
  • 弓道場 - 和弓 5人立、アーチェリー
  • 会議室
  • 駐車場 - 229台

施設命名権編集

2019年2月1日、相模原市中央区に本社を置く物流会社のギオン[4]命名権を取得し、相模原市とネーミングライツに関する契約を締結した。2019年4月1日からの3年契約で、「相模原ギオンアリーナ」の呼称を用いている[5]

主な大会・イベント編集

1998年開催のかながわ・ゆめ国体ではバレーボールの一部競技を実施。

2004年8月の新日本プロレスG1 CLIMAXでは開会式などが開催された。その他全日本プロレスでは1985年4月23日NWA世界ヘビー級選手権試合リック・フレアー vs 長州力の試合(試合は両者リングアウトでフレアーの防衛扱い)や、1986年9月20日ジャパンプロレス長州vsスーパー・ストロング・マシーン戦が日本テレビ系で生中継された。

2007年にはFリーグ湘南ベルマーレペスカドーラ町田の試合が行われたほか、VリーグJBL、大相撲巡業などが開催された。

2012年には全日本社会人体操競技選手権大会(現全日本シニア体操競技選手権大会)が開催され、ロンドンオリンピック金メダリスト内村航平が出場した。

交通アクセス編集

JR横浜線古淵駅小田急線相武台前駅などから、神奈中バス「総合体育館前」下車

脚注編集

  1. ^ 相模原市. “総合体育館、北総合体育館、相模原北公園スポーツ広場の指定管理者及び指定の経緯等について”. 2012年4月13日閲覧。
  2. ^ 相模原市. “体育館利用状況”. 2012年4月13日閲覧。(Excel版)
  3. ^ 相模原市. “総合体育館”. 2012年4月13日閲覧。
  4. ^ ギオン
  5. ^ 相模原市ネーミングライツ”. 相模原市. 2018年2月1日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集