相模太郎 (2代目)

日本の男性声優

二代目 相模 太郎(にだいめ さがみ たろう、1931年3月24日 - 1981年3月30日)は日本浪曲師声優1972年までは初名の相模 武(さがみ たけし)で活動していた。初代相模太郎の次男[1]

さがみ たろう
相模 太郎
プロフィール
本名 小森 敬蔵[1]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本東京都
生年月日 (1931-03-24) 1931年3月24日
没年月日 (1981-03-30) 1981年3月30日(50歳没)
職業 浪曲師声優俳優
事務所 フリー
著名な家族 初代相模太郎(父)
活動
活動期間 1960年 - 1981年
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

来歴編集

東京都出身。幼少期から浪花節を聞いて育つ[2]日本大学芸術学部卒業[1]

デビューからしばらくは相模武として活動したが、父の逝去に伴い、1972年に2代目相模太郎を襲名。

1960年吹き替えへ出演してからは声優としても活動[2]。多くの大衆やファンにはそちらで名前を知られた[3]

将来を嘱望されつつ活躍を続けていたが、1981年3月30日脳内出血のため急死。50歳没。同年春頃の『てれびくん』の付録ソノシートにおける『怪物くん』のフランケン役が、声優として最後の出演作となった。誌上には訃報が付録の組み立て説明ページの欄外に書き添えられていた。

人物編集

人情浪曲やお笑い浪曲を得意とした。得意演目は「灰神楽三太郎」「銭屋万助」など[1]。「灰神楽三太郎」は父の十八番として人気を博したもので、それを継承する形となった。

1970年代には、浪曲に若い世代を開拓しようと発表されたレコード「ヤング浪曲」シリーズにて『あしたのジョー』と『子連れ狼』を浪曲で口演した。

声優としては浪曲活動を生かし、声を作ったりトーンを変えることはせず、テンポと語り口でキャラクターを表現していた[4]。また、役の立ち位置は顔に出るためそのコントラストを表現するつもりで演じていたという[4]

園井啓介の発言からアフレコは口の動きより目の動きを意識していたといい「感情がよく掴めて上手くいきます」と述べている[2]

後任編集

相模の没後、声優としての持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演作品編集

テレビドラマ編集

テレビアニメ編集

1963年
1964年
1968年
1969年
1971年
1972年
1974年
1975年
1977年
1978年
1980年

劇場アニメ編集

吹き替え編集

洋画編集

テレビドラマ編集

海外アニメ編集

海外人形劇編集

人形劇編集

編集

  • もうれつ先生
作詞:松浦善三郎、作曲:渡邊浦人
  • 新・怪物くん音頭
作詞:藤子不二雄、作曲:小林亜星、編曲:筒井広志
作詞:藤子不二雄、作曲:小林亜星、編曲:筒井広志

出典編集

  1. ^ a b c d 相模 太郎(2代目)”. コトバンク. 2021年9月19日閲覧。
  2. ^ a b c “あの声この顔 相模武”. 産経新聞 (産業経済新聞社): pp. 9. (1964年3月19日) 
  3. ^ ヤング浪曲『あしたのジョー』解説欄
  4. ^ a b 岡本敦史 (2020年2月26日). “「ボイスシネマ声優口演2020 in調布」3/22(日)開催!声優たちが無声映画に声を吹き込むライブイベント「声優口演」。企画・総合プロデューサー羽佐間道夫さんに聞く”. ザ・シネマ. 2021年9月19日閲覧。
  5. ^ 最後の猿の惑星”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月25日閲覧。

外部リンク編集