メインメニューを開く

相武国造(さがむのくにのみやつこ・さがむこくぞう)は、相模国東部を支配した国造

概要編集

表記編集

古事記』、『先代旧事本紀』「国造本紀」には相武国造と表記される。

先祖編集

古事記』には倭建命が相武国造に火攻めあったとしているが、正史である『日本書紀』では国造ではなく駿河国の賊としており、現在も焼津の地名が残る。

氏族編集

壬生氏または漆部氏(みぶうじ、ぬりべうじ、は共に)。天孫族出雲氏と同族とされる。

本拠編集

国造の本拠としては、古代の海岸沿いにあたり、宗社とされる寒川神社がある相模川左岸の寒川周辺及び相模川右岸の平塚周辺、台地海老名周辺、山麓伊勢原周辺の4つの拠点が考えられている。4つの拠点の時代区分としては、一般に海岸沿いから内陸部へ進展したと考えられる。また、寒川と海老名は目久尻川でつながっており、目久尻流域が一体的に開拓がなされたものと考えられる。高座郡の中央を流れる目久尻川は、相武国造の宗社とされる寒川神社との関係が深く、流域は寒川神社に関する地名や伝承が多く残る他、国の史跡に指定されている秋葉山古墳群等の古代の史跡も多い。

支配領域編集

相武国造は当時相武国と呼ばれていた地域、後の相模国東部にあたる相模川流域の高座郡大住郡愛甲郡を支配領域とした。

大化の改新による中央集権的な律令制の成立以後、相武国と磯長(師長)国が合併して相模国が成立したが、古墳や式内社の関係から、成立直後の相模国は旧相武国が政治的中心地として影響力を持ち、国府も置かれていたと考えられている。また、平安時代後期には相模国府は交通の便上、現在の大磯町に移ったと推定される。また、一般に大磯に国府が移った平安時代後期頃が一宮制度が登場する時期であると推定されている。相模国は、元々旧相武国と旧磯長国が合併して成立しており、相武国造の宗社である寒川神社と磯長国造の宗社である川勾神社のどちらを一宮とするかで論争となったのが、現在まで続く国府祭の「座問答」であり、相模国の成立を現代に物語る国府祭は神奈川県無形民俗文化財に指定されている。

氏神編集

編集

相武国造とその古墳の具体的な人物比定はなされていないが、首長級の古墳とされるものは真土大塚山古墳瓢箪塚古墳埒免古墳等があるが、初代相武国造である茅武彦命のものに関しては大神塚古墳とされ、後の時代に後裔が追慕するために築造したと伝わる。

脚注編集

  1. ^ 出雲大国主神の子で、出雲健子命とも。本居宣長建御名方命の別名とした。
  2. ^ 「茅」の字を「弟」と記し弟武彦命(おとたけひこのみこと)とする場合もある。

関連項目編集

参考文献編集

  • 『國史大辭典』(吉川弘文館)
  • 坂本太郎・平野邦雄『日本古代氏族人名辞典』(吉川弘文館)
  • 『日本史広辞典』(山川出版社)
  • 『神道大辞典』(臨川書店)