メインメニューを開く
相浦多三郎陸軍時代の写真集

相浦 多三郎(あいのうら たさぶろう、文久2年5月22日1862年6月19日[1] - 1942年昭和17年)6月16日[2])は、日本職業軍人。最終階級は大日本帝国陸軍少将従四位勲三等功四級[1]

目次

経歴編集

佐賀藩士・相浦蕃慎の次男として生まれる。兄に海軍中将相浦紀道がいる[1]藩校弘道館)を経て、1883年(明治16年)12月25日に陸軍士官学校(フランス式旧士官学校)を卒業(旧6期、騎兵)し[3]、同日、陸軍騎兵少尉に任官[1][3]

1901年(明治34年)4月に騎兵12連隊長に就任。1904年(明治37年)5月に騎兵大佐となる。1908年(明治41年)に軍馬補充部白河部長に就任後、1910年(明治43年)6月に陸軍少将に昇進した。

長女・ツヤは宮田光雄、次女・ユキは横田郷助に嫁いだ[1]

栄典編集

系譜編集

先祖は平安時代末期、松浦郡相神浦(現在の佐世保市相浦)から佐賀多久に移住した松浦党の相神浦(あいこうのうら)氏。以後、姓を相神浦から相浦と名乗る[要出典]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 人事興信録 第5版』(人事興信所、1918年)あ24頁
  2. ^ 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年、11頁。
  3. ^ a b 『官報』第151号、明治16年12月27日。
  4. ^ 『官報』第2558号「叙任及辞令」1892年1月13日。