メインメニューを開く

相馬 叙胤(そうま のぶたね)は、江戸時代前期から中期の大名

 
相馬叙胤
Souma Nobutane.jpg
相馬叙胤
時代 江戸時代前期-中期
生誕 延宝5年4月4日1677年5月5日
死没 宝永8年4月20日1711年6月6日
改名 仁寿丸→佐竹義珍→叙胤
別名 求馬
官位 従五位下図書頭長門守
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉
相馬中村藩
氏族 佐竹氏相馬氏
父母 父:佐竹義処、母:松平直政の娘
養父:相馬昌胤
兄弟 義苗叙胤義格藤堂高通養女、松平宣富正室、養真院(黒田長軌正室)、幻体院(松平宣維正室)
正室:相馬昌胤の娘
徳胤、養子:尊胤

概要編集

相馬氏第22代当主。陸奥相馬中村藩第6代藩主。出羽久保田藩主・佐竹義処の次男。母は出雲松江藩主・松平直政越前松平家)の娘。正室は5代藩主・相馬昌胤の娘。子女に徳胤(三男)、養子尊胤(実父は相馬昌胤)らあり。幼名は仁寿丸。通称は求馬。は佐竹氏時代は義珍。後に相馬氏に入って宣胤、叙胤。後に官位は従五位下、図書頭、長門守。

経歴編集

元禄5年(1692年)12月15日、佐竹家の次男として、将軍徳川綱吉御目見する。元禄9年(1696年)7月25日、陸奥相馬中村藩主・相馬昌胤の婿養子となる。同年7月28日、将軍徳川綱吉に御目見する。同年12月22日、従五位下図書頭に叙任する。元禄14年(1701年)2月11日、養父・昌胤の隠居にともなって、家督を相続した。宝永5年(1708年)5月15日、長門守に遷任。宝永6年(1709年)6月5日、隠居し、養子・尊胤(実父は昌胤)に家督を譲った。正徳元年(1711年)4月20日、中村において死去、35歳。

参考文献編集

  • 『改訂増補 大武鑑 上巻』名著刊行会