メインメニューを開く

看中国(かんちゅうごく、ビジョンタイムズ、英語:VisionTimes)は、19カ国に展開する多言語・独立メディアグループであり、華字新聞を発行している[1]。オンライン版は随時更新され、政治・経済・文化・社会・歴史など様々な面をカバーしている。中国語版ウェブサイトのトップには「清明上河図」が用いられ、格調高い。「看中国」は中国語で「中国を見る」という意味。

看中国
種類 週刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 KanZhongGuo Association, Inc.
本社 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
創刊 2001年
言語 中国語日本語英語ドイツ語フランス語スペイン語ベトナム語
テンプレートを表示

概要編集

看中国はアメリカ合衆国で設立された多言語メディアグループである。現在は中国語日本語英語フランス語ドイツ語スペイン語ベトナム語のオンライン版を運営するほか、19カ国で新聞を発行している[2]。2001年、看中国ウェブ版が発行され、2006年から看中国新聞の発行が始まった。日本では2009年6月に創刊号が発売された。

報道内容編集

中国語版はバラエティに富んだ内容で、時事報道の他、文化面を非常に重視している。

論調は不偏不党、様々な意見が見られる。中国国営メディアが忌避する話題も取り上げ、バランスの良い構成となっている。

海外の華人華僑にも焦点を当て、華人コミュニティの出来事やその歴史に関する報道もされている[3]

コラム編集

中国語版を中心に投稿を受付けているため、著名なコラムニストや専門家の文章を読むことができる。外国メディアではカバーしきれない中国国内報道や政局の行方を細かく分析した記事も多い[4]

中国問題専門家の陳破空李天笑曹長青がコラムを寄稿するほか、中国経済文化研究所も文章を掲載している。

グローバル取材網編集

日本での発行および配信編集

印刷版編集

日本では2009年6月に創刊号が発売され、有料購読の他、観光客向けに配布されている。多くの高級ホテルや中国物産店などでも無料配布され、中国人観光客や華人から好評を得ている。

オンライン版編集

2018年3月11日、中国語版や英語版などから翻訳された記事と独自の日本語記事からなる日本語ウェブサイト『看中国/Vision Times Japan』が開設された[5]

Youtubeチャンネル編集

Vision Times日本語版のYoutubeチャンネルは2018年1月1日に開設され、中国の歴史人物に関する動画を中心としている[6]

脚注編集

外部リンク編集