メインメニューを開く

看護理論(かんごりろん、Nursing theory)とは、ナイチンゲール以来の近代看護において、看護、及び看護的な介入とその状況を語るための主要な要素、人間、環境(人的、物的)、健康、看護診断、看護計画、看護行為、看護評価といった看護過程、並びにその看護の本質とそれらをもとに、看護師と患者をつなぐ看護行為、ケア関係のモデルを構築し、今新たに脚光を浴びつつある地域看護家族看護健康教育などの新たなケア実践をより適切で効果的なものにしていくための理論的な努力を言う。[要出典]

目次

看護学の貢献者編集

看護理論の分析と評価編集

看護のメタパラダイム編集

メタパラダイムとは、ある学問の関心対象たる現象探求のための「概念」や「命題」であるが、看護学においては「看護・人間・健康・環境」の4つの概念がこれに該当する。このメタパラダイム自体も一つの「理論」として批判的検討、そして更新の対象となり得る[1]ものの、特定の看護理論を把握する際のフレームワークとなっており、「看護・人間・健康・環境」のメタパラダイム成立以降の理論家が自ら言及することは無論のこと、パラダイム提示以前の理論についてもこれらを析出の上把握され、当該理論自体の理解および他理論との比較の一助となっていると言える。

看護理論の階層性編集

看護理論分析家のフォーセットは、看護理論を「(より抽象的)メタパラダイム>哲学>概念モデル>理論>経験的指標(より具体的)」の5階層に区分した。一方で、フォーセットの如き分類によれば各階層に区分される諸理論を、一律にメタな意味での「理論」と捉え、理論および理論間の関係を把握する立場も存在する。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ フォーセット(2008)、レイニンガー(1995)など。レイニンガーは自著中で「看護・人間・健康・環境」のパラダイムに疑義を呈している。

参考文献編集

  • 勝又正直『はじめての看護理論』医学書院、2005
  • J・フォーセット著、太田喜久子・筒井真優美監訳『フォーセット看護理論の分析と評価 新訂版』医学書院、2008
  • A・M・トメイ、M・R・アグリッド著、都留伸子監訳『看護理論家とその業績』医学書院、1991
  • 筒井真優美編『看護理論 看護理論20の理解と実践への応用』南江堂、2008

関連項目編集

外部リンク編集

  • The Cave ミルウォーキー大学のBeth Rogersさんの看護理論のサイト。The Caveは、ナイチンゲールがプラトン研究者としても一流だったことから。プラトンの「国家」から由来。
  • Nursing Theory's Page サンジェゴ大学のサイト。元はアルバカーキ大学のNorrisの作成したもの。著名な看護理論家とその関連サイトのリンク。