メインメニューを開く

県立高校改革推進計画(けんりつこうこうかいかくすいしんけいかく)とは、神奈川県教育委員会により1999年と2015年に策定された、県立高校改革計画である。

概要編集

2000年度から2004年度までの前期実施計画と、2005年度から2009年度までの後期実施計画に分かれている。このうち前期計画では、県立高校14組の再編統合と、新タイプの高校19校が設置された。さらに、平成19年度からは後期計画として、県立高校約20組の再編統合が実施された。さらに、2015年12月に県立高校改革実施計画(I期)として、10校1分校の再編統合が計画され、実施予定である。

経緯編集

設置年度(旧高校のうち、前者の校地が新高校の校地となっている)

※定時制課程を単独で改編

以下は予定である。

  • 2019年
    • 高浜平塚農業平塚商業の再編を予定していたが、平塚農業と平塚商業(全日制)の統合に伴う新校舎の建設工事が敷地内の埋蔵文化財調査のために遅れることから、高浜と平塚商業(定時制)の統合も含めて1年延期となった。[2][3]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集