メインメニューを開く

眞理 ヨシコ(まり ヨシコ、1938年12月4日 - )は、日本童謡歌手、声優、東洋英和女学院大学名誉教授。本名、佐藤 美子(さとう よしこ)。

眞理 ヨシコ
出生名 佐藤美子
別名 真理ヨシコ
生誕 (1938-12-04) 1938年12月4日(80歳)
出身地 日本の旗 日本岐阜県
学歴 東京芸術大学音楽学部声楽科卒業
ジャンル 童謡
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1961年 -

目次

来歴編集

岐阜県出身。その後東京都へ転居。 東京都立駒場高校時代より、東京芸術大学の講師だった酒井弘に師事。その後、深緑夏代にシャンソンの指導を受ける。 東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。1961年、東京芸大2年の時NHKのオーディションに合格し、NHK『歌の広場』のニュー・ボイスとなる。

その後、『おかあさんといっしょ』(当時はうたのえほん)初代うたのおねえさんに抜擢。当時は「真理ヨシコ」の名前で出演していた。

1961年4月 - 1962年9月までの1年半うたのおねえさんを務め、うたのおねえさん卒業後もおかあさんといっしょのコーナー、「おはなしのもり」「うたいっぱい」「らっぽんぽん」「ほあほあどん」「ヤンヤンムウくん」などで活躍。合計13年9か月に及ぶ出演だった。

1963年、NHK『うたのえほん』で使われた童謡「おもちゃのチャチャチャ」が1ヶ月で4万枚のレコードを売り上げるなどヒットし、第5回日本レコード大賞童謡賞を受賞[1]

1970年代から1980年代にかけてはNHK総合テレビ18時台に放送されていた児童向け人形劇番組の幾つかで声優として重要な役を演じ、同時に劇中歌を歌っている。『新諸国物語』系の『笛吹童子』、『紅孔雀』ではメインストーリーに寄り添うサブストーリーにおける悲劇のヒロインの美少女役であったが、これらに続いて1979年から1982年まで放送された人形劇『プリンプリン物語』では、役柄を一転、主人公たちの旅を阻む云わば悪役側でコメディリリーフを演じる怪女ヘドロを担当した。

東洋英和女学院大学人間科学部教授を務め、2009年定年、名誉教授。

おかあさんといっしょ コンサート編集

アルバム編集

  • 「うたつむぎ」(2011年6月1日、日本コロムビア、CD2枚組)※ 眞理ヨシコ歌手生活50周年アルバム。全63曲収録。

テレビ番組編集

脚注編集

外部リンク編集