1. 真人(しんじん)は、老荘思想道教において人間の理想像とされる存在。仙人の別称として用いられることもある。
  2. 真人(しんじん)は、始皇帝に代わって真理を悟ったことによる自称。
  3. 真人(まひと)は、八色の姓で制定された姓(カバネ)の一つ。本項で詳述。

真人(まひと)は、天武天皇13年(684年)に制定された八色の姓の一つで、最高位の姓である。

真人の意味編集

基本的に、継体天皇の近親とそれ以降の天皇皇子の子孫に与えられた。天皇の称号が道教天皇大帝に由来するという説とともに、この「真人」も道教由来のものとする説がある。八色の姓のなかでは道師も道教の神学用語と重なっている。また天武天皇(おくりな)の「瀛真人」(おきのまひと)は道教の神学では「瀛州」という海中の神山に住む仙人の高級者を意味する。

真人の賜姓例編集

真人賜姓天武天皇が構想する皇親政治の一翼を担うものであった。『日本書紀』の天武天皇13年10月条に、「守山公路公(みちのきみ)・高橋公・三国公当麻公茨城公(うまらきのきみ)・丹比公(たぢひのきみ)・猪名公(ゐなのきみ)・坂田公羽田公息長公(おきながのきみ) ・酒人公(さかひとのきみ)・山道公十三真人に、姓を賜ひて真人と曰ふ」[1]とあって、これら公(きみ)姓氏族はおよそ応神継体天皇用明天皇皇子の子孫である。それ以降の天皇・皇子の子孫についても、奈良時代にたびたび賜姓が行われ、『新撰姓氏録』の載せる真人姓は48氏に昇る(国史にのみ所見のものも含むと更に増加)。

その後編集

しかし、時あたかも藤原朝臣による権勢拡大の最中で、真人 = 高貴という原義すら崩れ始めていたことも否めず、氷上真人塩焼[2]厨真人厨女[3]のように一種の懲罰として賜姓される例も現れた。この傾向は平安時代に一層強まり、延暦21年(802年安世桓武天皇の皇子)が良岑朝臣姓を賜ると、皇族や真人姓の中からも朝臣賜姓を望む者が増加。政治的意義を失った真人姓の氏族は、次第に政界から姿を消していった。

出自・使用の両方で特異なのが、明経道家学とした広澄流清原氏である(天武系の清原氏とは同名別氏族)。『新撰姓氏録』では、海氏(あまうじ)は、海神ワタツミを祖とする神別氏族とされる。それにも関わらず、海広澄は、清原真人の氏姓を下賜されて清原広澄となった[4]太田亮の主張によれば、これは、海氏(凡海氏)の凡海麁鎌が天武天皇の養育者であった縁でもって、海氏は天武後裔であると仮冒かぼうしたのではないかという[4]清原氏系図の一本によれば、広澄流清原氏は室町時代15世紀まで真人の姓を使い続け、清原業忠の代で初めて朝臣に改姓したという[4]

主な真人姓氏族編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 真人の姓を得た中原氏は、天武天皇後裔弘宗王の子らを氏祖とするが、この一流は振るわなかった[5]十市氏後裔で明経道明法道を家学として繁栄したいわゆる中原氏(中原宿禰のち中原朝臣)とは別氏族[5]

出典編集

  1. ^ 日本書紀』巻第二十九、天武天皇13年10月1日条
  2. ^ 『続日本紀』巻第二十一、廃帝 淳仁天皇天平宝字2年8月1日条
  3. ^ 続日本紀』巻第二十九、称徳天皇神護景雲3年5月25日条
  4. ^ a b c 太田 1934, pp. 1985 – 1986.
  5. ^ a b 太田 1936, pp. 4251 – 4252.

参考文献編集

  • 太田亮 「清原 キヨハラ」 『姓氏家系大辞典』 第2巻、上田萬年三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、1980-1989頁。全国書誌番号:47004572https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/84   
  • 太田亮 「中原 ナカハラ」 『姓氏家系大辞典』 3巻、上田萬年、三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1936年、4251-4257頁。全国書誌番号:47004572https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1131019/91   
  • 福永光司 『道教と古代日本』(人文書院1987年、10頁)

関連項目編集