真円(しんえん、1579年万暦7年) - 1648年慶安元年))は、初に渡日した中国僧。俗名は劉覚。江西省饒州府浮梁県の出身。

真円
1579年 - 1648年
生地 江西省饒州府浮梁県
寺院 興福寺
弟子 黙子如定
テンプレートを表示

生涯編集

1620年元和6年)、商売で長崎へ渡った。

1624年寛永元年)、出家して僧になった。長崎最初の中国僧とされる。同郷の華僑たちの寄進により、欧陽華宇の別宅に仏殿および媽祖堂を建立し、興福寺を創建した。

1635年(寛永12年)、興福寺の住持の座を黙子如定に譲った。

1648年(慶安元年)2月に没した。享年70。