メインメニューを開く

真壁 仁(まかべ じん、1907年(明治40年)3月15日 - 1984年(昭和59年)1月11日)は、日本詩人、思想家。 山形県国民教育研究所所長。

真壁 仁
誕生 (1907-03-15) 1907年3月15日
山形県山形市宮町
死没 (1984-01-11) 1984年1月11日(76歳没)
職業 詩人、思想家
言語 日本語
国籍 日本
最終学歴 高等小学校
ジャンル
代表作 『青猪の歌 詩集』
『日本の湿った風土について 詩集』
主な受賞歴 斎藤茂吉文化賞(1963年)
毎日出版文化賞 (1982年)
河北文化賞 (1982年度)
テンプレートを表示

人物・来歴編集

山形県山形市宮町に農家の長男として生まれる。本名・眞壁仁兵衛[1]。市立高等小学校卒業。尾崎喜八高村光太郎に師事する。1932年、第一歌集『街の百姓』を上梓、以後、農業や農民の真実を追求する詩集、また評論を刊行。農民文学懇話会『地下水』を主宰。

貧しい百姓の開放を願い農民組合を結成し、以来、生涯に渡って対社会的な活動に身を置く。このため、戦前には生活綴方事件で検挙される。 戦後は、思想的に上原専禄の影響を受け、山形が豊かで誇れる地域になることを願って文化と芸術、教育と政治の分野に渡って活躍。とりわけ青年や婦人の運動に理解と援助を惜しみなく続けた[1][2]

31歳のとき初めて、黒川能を見て以来、研究と調査に半生を捧げ、この能を世に紹介した功労者に1人である。他に県内50余校を超える小中高の校歌作詞も手掛けた[2]

1972年金日成首相の還暦に合わせて訪朝し、金の還暦を祝う詩「ペクトウの峰」を執筆した[3]。この詩では、金を崇高な「ペクトウの峰」(白頭山)になぞらえ、その「勇気と決断」を讃美している[4]

晩年は東北は遅れた不毛の地ではなく、むしろ列島文化の中心でもあったとの仮説を唱え、東北復権の主張を骨太に訴えた[2]

1984年1月11日、死去。76歳没。没後その志を顕彰すべく「真壁仁・野の文化賞」が創設された[5]

東北芸術工科大学東北文化研究センターが、2000年から7号にわたって『真壁仁研究』を刊行している。

著書編集

  • 『青猪の歌 詩集』青磁社、1947年。
  • 『日本の湿った風土について 詩集』昭森社、1958年。
  • 『黒川能』黒川能研究会、1959年。
  • 『人間茂吉(三省堂新書)』三省堂、1967年。
  • 『文学のふるさと山形』郁文堂書店、1971年。
  • 『黒川能 農民の生活と芸術』日本放送出版協会、1971年。
  • 『わが峠路 旅の随筆集』東北出版企画、1975年。
  • 『斎藤茂吉の風土 蔵王・最上川(歴史と文学の旅)』平凡社、1975年。
  • 『野の教育論』民衆社、1976年。
  • 『野の教育論 続』民衆社、1977年。
  • 『わが文学紀行』東北出版企画、1977年。
  • 『失意と雲 詩集』青磁社、1978年。
  • 『氷の花 蔵王詩集』東北出版企画、1978年。
  • 『紅と藍 (平凡社カラー新書)』平凡社、1979年。
  • 『カラー会津の魅力』淡交社、1980年
  • 『手職 現代のたくみたち 続』 やまがた散歩社、1981年。
  • 『みちのく山河行』法政大学出版局、1982年。
  • 『百姓の系譜』東北出版企画、1983年。
  • 『野の文化論』民衆社、1983年。
  • 『最上川 終りなき旅』桐原書店、1984年。
  • 『野の自叙伝』民衆社、1984年。
  • 『最上川への回帰 評伝・小松均』法政大学出版局、1984年。
  • 『北からの詩人論』宝文館出版、1985年。
  • 『修羅の渚 宮沢賢治拾遺』秋田書房、1985年。

共著・編著編集

  • 『弾道下のくらし 農村青年の生活記録』毎日新聞社、1956年。
  • 『新しい教師集団 (三一新書)』三一書房、1960年。
  • 『詩の中にめざめる日本 (岩波新書)』岩波書店、1966年。
  • 『教科構造と生活認識の思想』山形県国民教育研究所共編 明治図書、1969年。
  • 『労農青年の地域民主主義運動』千野陽一共編著 現代企画社、1969年。
  • 『民衆史としての東北 (NHKブックス)』野添憲治共編 日本放送出版協会、1976年。
  • 『やまがた風景と抒情』佐藤総右、芳賀秀次郎共著 東北出版企画、1976年。
  • 『どぶろくと抵抗』野添憲治共編著 たいまつ社、1977年。
  • 『希望の回想 対話 白鳥邦夫』秋田書房、1980年。

脚注編集

  1. ^ a b 真壁仁とは コトバンク
  2. ^ a b c 『新版山形県大百科事典』p.635
  3. ^ 山形農民文学懇話会発行『地下水』14号、p.2 - 3
  4. ^ 『地下水』14号、p.3
  5. ^ “「もっと面白いものを」 真壁仁・野の文化賞に黒羽根さん 山形”. 産経新聞. (2018年12月17日). https://www.sankei.com/region/news/181217/rgn1812170018-n1.html 2019年8月12日閲覧。 

参考文献編集

  • 山形放送株式会社新版山形県大百科事典発行本部事務局編 『新版山形県大百科事典』 山形放送、1993年。