メインメニューを開く

真宗大谷派難波別院(しんしゅうおおたにはなんばべついん)は、大阪府大阪市中央区久太郎町4丁目にある真宗大谷派寺院。通称は南御堂(みなみみどう)。

真宗大谷派難波別院
Namba betuin.jpg
所在地 大阪府大阪市中央区久太郎町4丁目1-11
位置 北緯34度40分49.83秒
東経135度29分57.97秒
座標: 北緯34度40分49.83秒 東経135度29分57.97秒
宗旨 浄土真宗
宗派 真宗大谷派
寺格 別院
本尊 阿弥陀如来
創建年 1595年文禄4年)
開基 教如
別称 南御堂
公式HP 南御堂|御堂会館 真宗大谷派 難波別院
法人番号 9120005001213 ウィキデータを編集
テンプレートを表示
両本願寺 (浪花百景)
戦前の難波別院

真宗大谷派の大阪教区教務所、教化センター会館が併設されている。

別院名の難波とは摂津国西成郡上難波村の旧地であったことに由来する。船場が市街化されたのちも、1872年明治5年)まで当院南に位置する難波神社にかけて上難波町という町名となり、以降、1914年大正3年)まで当院南西部を含む北部が上難波北之町となっていた。また、当院東側の御堂筋は、北御堂(本願寺津村別院)と南御堂を繋ぐ道であることに由来する。

歴史編集

  • 1595年文禄4年) - 豊臣秀吉より寺地を寄進され、教如大坂渡辺の地に大谷本願寺を開創する。
    • 渡辺の地とあるが、大川南岸の渡辺津付近ではなく道修谷(現・大阪市中央区道修町1丁目付近)。
  • 1596年(文禄5年) - 「大谷本願寺 文禄丙申五暦」銘の梵鐘を鋳造(現存)。
  • 1598年慶長3年) - 大坂城三の丸造営に伴う船場の街区拡充のため、大谷本願寺が現在地へ移転。
  • 1602年(慶長7年) - 徳川家康より寺地を寄進され、大谷本願寺が京都烏丸六条へ移転。大谷本願寺跡に難波御堂を造営。
  • 1714年正徳4年) - 二重屋根の壮大な本堂となる。
    • 現在の東本願寺御影堂は、この難波御堂本堂を参考にしたとされている。
  • 1945年昭和20年) - 大阪大空襲により焼失する。
  • 1961年(昭和36年) - 本堂および山門を兼ねた御堂会館が完成する。
    • 本堂は鉄筋コンクリート製で規模も縮小されたが、二重屋根の様式を留めている。
  • 1964年(昭和39年) - 本堂地下に御堂会館・研修ホールが完成する。
  • 1969年(昭和44年) - 御堂会館・南館を増築する。
  • 2016年平成26年) - 御堂会館における収益事業の使用を休止する(閉館)。
    • 施設の老朽化に加え、耐震性が十分とはいえず震度5強以上の地震で被害が想定されることが理由である[1]
    • 既存の御堂会館・教化センター会館を解体し、エクセルホテル東急を主たる用途とする、山門を兼ねた複合施設への建て替えが決定。2019年の完成を予定している[2]

文化財編集

  • 梵鐘(「大谷本願寺 文禄丙申五暦」銘)

刊行物編集

機関紙
月刊「南御堂」新聞

アクセス編集

地下鉄
地下鉄御堂筋線 本町駅下車 8号出口より南へ200m
地下鉄中央線 本町駅下車 13号出口より南へ50m

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集