メインメニューを開く

真実の手記 BC級戦犯 加藤哲太郎「私は貝になりたい」

私は貝になりたい あるBC級戦犯の叫び』(わたしはかいになりたい あるビーシーきゅうせんぱんのさけび)は、加藤哲太郎による手記書簡集1994年10月に春秋社より刊行された。加藤の巣鴨拘置所での獄中手記と獄中から家族に宛てた手紙22通を収録する。2005年8月に新装版が、2018年6月に普及版が刊行された。

私は貝になりたい
あるBC級戦犯の叫び
編集者 加藤不二子
著者 加藤哲太郎
発行日 1994年10月
発行元 春秋社
ジャンル 手記書簡集
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 269
コード ISBN 978-4-393-44161-9
ISBN 978-4-393-44168-8(普及版)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

真実の手記 BC級戦犯加藤哲太郎 私は貝になりたい』(しんじつのしゅき BCきゅうせんぱんかとうてつたろう わたしはかいになりたい)と題して2007年にテレビドラマ化された。

目次

収録内容編集

  • 狂える戦犯死刑囚(初出:飯塚浩二編『あれから七年 学徒戦犯の獄中からの手紙』〈1953年、光文社[1]
  • 戦争は犯罪であるか
  • 私達は再軍備の引換え切符ではない
  • 水洗便所の水音
  • 私はなぜ「貝になりたい」の遺書を書いたか
  • 恩師への手紙
  • 獄中から家族に宛てた手紙

書誌情報編集

テレビドラマ編集

終戦記念特別ドラマ
真実の手記 BC級戦犯加藤哲太郎

私は貝になりたい
ジャンル テレビドラマ
原作 加藤哲太郎
『私は貝になりたい あるBC級戦犯の叫び』
脚本 寺田敏雄
演出 雨宮望
出演者 中村獅童
優香
加藤晴彦
鳥羽潤
パトリック・ハーランパックンマックン
萩原一樹
深水三章
東亜優
名取裕子
斉藤洋介
山本圭
竹山隆範カンニング
中村雅俊(友情出演)
寺島しのぶ(友情出演)
市原悦子(友情出演)
森本レオ
草笛光子
飯島直子
音楽 大島ミチル
エンディング JONTE「ゆれる」
国・地域   日本
言語 日本語
プロデューサー 佐藤敦(日本テレビ)
西牟田知夫(日本テレビ)
大森美孝(日テレアックスオン)
製作 日本テレビ
日テレアックスオン(製作協力)
放送
放送チャンネル 日本テレビ系
放送国・地域   日本
放送期間 2007年8月24日
放送時間 金曜 21:00 - 23:24
放送分 144分
回数 1
公式ウェブサイト

真実の手記 BC級戦犯 加藤哲太郎「私は貝になりたい」』(しんじつのしゅき BCきゅうせんぱん かとうてつたろう「わたしはかいになりたい」)と題してテレビドラマ化され、「終戦記念特別ドラマ」として2007年8月24日の21時から23時24分に日本テレビ系列で放送された、単発スペシャルのテレビドラマ

加藤がペンネームで発表した獄中手記「狂える戦犯死刑囚」(1953年)をもとに橋本忍が執筆したフィクションに基いた過去4度の映像化と異なり、本作では実話に基いて敗戦後の逃亡生活や投獄など加藤の激動の人生を描く[2]

往年の名作テレビドラマと同じタイトルが冠されているが、全く別のストーリーである。

終戦記念特別ドラマ」として放送され、視聴率は12.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であった。

文化庁芸術祭」参加作品として、日本テレビで2007年11月17日の早朝2:40 - 5:00に再放送された。

概要編集

1958年にラジオ東京テレビ(現・TBS)で放映された、テレビドラマ『私は貝になりたい』はフィクションであった。しかし、その作品内の遺書は、実在の人物である加藤哲太郎によって書かれたものが、モデルであった。このドラマでは、加藤がBC級戦犯として生きた実話をとりあげる。

詳細については加藤哲太郎の項を参照のこと。

あらすじ編集

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

外部リンク編集