真島茂樹

日本のダンサー、振付師 (1947-2024)

真島 茂樹(まじま しげき、1947年昭和22年〉3月22日 - 2024年令和6年〉5月22日[1])は、日本のダンサー振付師歌手栃木県宇都宮市出身。三喜プロモーション所属。独身

まじま しげき
真島 茂樹
生年月日 (1947-03-22) 1947年3月22日
没年月日 (2024-05-22) 2024年5月22日(77歳没)
別名 真島 茂夫
愛称 マジー
出身地 栃木県宇都宮市
国籍 日本の旗 日本
学歴 東京商業高等学校卒業
職業 振付師、ダンサー
活動期間 1972年 - 2024年
公式サイト
真島茂樹オフィシャルサイト

来歴・人物 編集

デビュー当時の芸名は、本名でもある真島茂“夫”だったが、1977年真島茂“樹”に改名。

愛称は「マジー」または「マジ」。

私立東京商業高等学校卒業後の1972年に 『日劇ダンシングチーム』 に所属し、トップダンサーになるも1981年に日劇は閉館、それに伴いチームも解散。

その後、ダンス講師やミュージカル等に出演し活躍する。日本舞踊をベースに振り付けを行った 『マツケンサンバII』 が2004年にヒットすると、そのダンサーの中でのメインパートも担当し、本人のオネエキャラを含めて徐々に注目されるようになった。ただし、本人はゲイではなくバイセクシャルであると公言している[2]

2005年7月に、『花吹雪 不夜恋』(はなふぶき ふやのこい)でCDデビュー。また、当時ブレイクしていたお笑いコンビのレギュラーと共に、ユニット“マジーとレギュラー”を結成し、2006年7月21日浅倉大介プロデュースによるシングル 『愛キラキラ』 をリリースした。

同年の大晦日には第57回NHK紅白歌合戦にて、スペシャルゲストとして参加。出場歌手美川憲一の『さそり座の女2006〜オペラバージョン〜』にて、振り付けを担当。

翌年2007年第58回NHK紅白歌合戦でも、スペシャルゲストとして白組トップバッターとなった美川憲一の『さそり座の女2007〜パラパラバージョン〜』にて振り付けを担当し、間奏で美川から「あんたたち、出番よ〜」と言われIKKOと共に登場し踊った。真島とIKKO曰く2人は『桃組』とのこと。

2021年第72回NHK紅白歌合戦では特別企画で披露された『マツケンサンバII』の腰元ダンサーズの振り付けを担当し、自身も腰元ダンサーズの一員として久々の紅白出演を果たした[3][4][5]

2024年5月22日、自宅で倒れていたところを訪ねてきた知人が発見し、救急搬送されたが同日午後10時38分に病院で死亡が確認された。死因は虚血性心不全だった。77歳没[1]

出演作品 編集

バラエティ番組 編集

テレビドラマ 編集

テレビCM 編集

DVD 編集

  • マツケンサンバII 振り付け完全マニュアルDVD (発売:ジェネオン
  • マツケンサンバII 振り付け完全マニュアルDVD II(トゥー) (ジェネオン)

関連項目 編集

脚注 編集

  1. ^ a b "「マツケンサンバ2」振り付けの真島茂樹さん急死 自宅で倒れていたところを知人が発見 77歳". 日刊スポーツNEWS. 日刊スポーツ新聞社. 2024年5月23日. 2024年5月23日閲覧
  2. ^ 2012年11月7日放送分『ナカイの窓』出演時より。
  3. ^ 松平健、17年ぶり『紅白』にスケボーで登場 「マツケンサンバⅡ」熱唱、五輪開会式を〝再現〟”. サンケイスポーツ. 2022年1月5日閲覧。
  4. ^ (日本語) 【NHK紅白】松平健『マツケンサンバⅡ』, https://www.youtube.com/watch?v=350PbTwzS_U 2022年1月5日閲覧。 
  5. ^ 【紅白歌合戦】松平健、出番直前までスケボー練習「とても良い締めくくり」 - 音楽 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2022年1月5日閲覧。

外部リンク 編集