真景累ヶ淵

真景累ヶ淵』(しんけいかさねがふち)は、明治期の落語家三遊亭圓朝によって創作された落語怪談噺)。

江戸時代に流布した「累ヶ淵」の説話を下敷きにした作品である。圓朝の代表作の一つとされ、古典的評価を得ている。

目次

概要編集

  • 前半部分:旗本深見新左衛門が金貸しの鍼医皆川宗悦を切り殺したことを発端に、両者の子孫が次々と不幸に陥っていく話
  • 後半部分:名主の妻への横恋慕を発端とする敵討ちの話

以上の前半部分と後半部分を組み合わせた、全97章から成る。

1859年安政6年)の作。当初の演目名は『累ヶ淵後日の怪談』。1887年明治20年)から1888年(明治21年)にかけて、小相英太郎による速記録が『やまと新聞』に掲載。1888年に単行本が出版された。

累ヶ淵」の累(かさね)の物語をヒントにした創作で、「真景」は当時の流行語だった「神経」のもじり(漢学者信夫恕軒が発案者)。

前半部分は特に傑作と言われ、抜き読みの形で発端部の「宗悦殺し」、深見新左衛門の長男新五郎が皆川宗悦の次女お園に片恋慕する悲劇「深見新五郎」、新左衛門の次男新吉と宗悦の長女である稽古屋の女師匠豊志賀との悲恋「豊志賀の死」、豊志賀の弟子お久と新吉のなりゆき「お久殺し」のくだりなどが、現在もしばしば高座にかけられている。

かつては6代目三遊亭圓生林家彦六などが得意とし、歌舞伎化や映画化もされている。現在でも桂歌丸林家正雀五街道雲助鈴々舎馬桜11代目金原亭馬生古今亭志ん輔柳家三三などが口演している。なお、芝居噺の『累草子』は本作の原話と言われ、林家正雀2代目露の五郎兵衛によって演じられている。

関連項目編集

関連文献編集

外部リンク編集