真木 恭介(まき きょうすけ、1925年6月6日[1] - 没年不明)は、日本俳優男性声優東京府(現:東京都)出身[1]

まき きょうすけ
真木 恭介
本名 宮田 実[1]
生年月日 (1925-06-06) 1925年6月6日
没年月日 ?年
出身地 日本の旗 日本東京府(現:東京都[1]
身長 168cm[1]
職業 俳優声優
ジャンル テレビドラマ映画舞台吹き替えアニメ
活動期間 1940年代 - 1980年代
テンプレートを表示

略歴編集

日本大学中退[1]

劇団文芸劇場[2]、東京青年劇場[2]、劇団七曜会[2]、劇団葦[2]群六舎プロダクションに所属していた[1]

人物編集

声種は渋みのあるローバリトン[2]

洋画ではレオ・G・キャロル吹き替えを担当していた。

趣味・特技はゴルフ[2]

後任編集

真木の死後、持ち役を引き継いだのは以下の通り。

出演作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

  • 真空地帯(1952年、新星映画社)
  • あゝ野麦峠 新緑篇(1982年)

舞台編集

  • 調理場(1975年、西武劇場・五月舎提携公演)

吹き替え編集

俳優編集

洋画編集

海外ドラマ編集

海外アニメ編集

海外人形劇編集

邦画編集

テレビアニメ編集

ラジオドラマ編集

  • ゴジラの逆襲(1955年) - 田島隊員
  • 連続漫画劇 アッちゃん(1958年、オールナイトニッポン
  • 山田風太郎作品「賭博学体系」(1959年)
  • QR現代劇場 第三の訪問客(1960年)
  • LFこどもの科学 レントゲン博士(1960年)
  • LFラジオ劇場 忍路高島(1963年)
  • 春のラジオクラブ 高校生の時間 「悲劇の英雄たち」(1965年、NHK)

人形劇編集

CM編集

  • 東京電力 企業CM 雪の送電線篇、ヘリ工事篇、空中延線作業篇(ナレーション、1978年)[4]

その他コンテンツ編集

  • ダンボ LP版(ナレーション)
  • 101匹わんちゃん大行進 よいこの名作シリーズLP版(ロジャー)
  • 三菱電機 三菱赤外線コタツコンパックワイドCM

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 『日本タレント名鑑(1983年版)』VIPタイムズ社、1982年、196頁。
  2. ^ a b c d e f 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、102頁。
  3. ^ 決断”. メディア芸術データベース. 2016年9月8日閲覧。
  4. ^ 『ACC CM年鑑'79』(全日本CM協議会編集、誠文堂新光社、1979年 46頁)

外部リンク編集