メインメニューを開く

真木 洋三(まき ようぞう、1926年5月27日 - 2005年1月16日)は、日本の作家。

福岡県生まれ。本名・石丸守孝。九州大学経済学部卒。民間テレビ放送基幹局営業部長、ジャーナリスト。

2005年、膵臓癌のため死去、78歳[1]

著書編集

  • 爆殺の大統領空母 祥伝社 1977.4 (ノン・ノベル)
  • 小説銀行管理 日本経済新聞社 1977.9 のち文春文庫
  • 出向を命ず 日本経済新聞社 1978.3 のち講談社文庫
  • 横断人脈 実業之日本社 1978.8 「ガンに勝つ日」角川文庫
  • 仕手株天井を打つ 徳間書店 1979.8 のち文庫
  • ヤング・ソルジャー 日本経済新聞社 1980.5
  • ポールシフト 講談社 1981.11
  • 大暴落 角川ノベルズ 1982.6
  • 軍縮謀殺 1982.12 (角川文庫)
  • 流人 文芸春秋 1983.10
  • 東郷平八郎 文芸春秋 1985.5 のち文庫
  • 五代友厚 文芸春秋 1986.8
  • モーツァルトは誰に殺されたか 読売新聞社 1989.10

参考編集

  • 「小説銀行管理」著者紹介
  • 文藝年鑑2007

脚注編集

  1. ^ 真木洋三氏死去 作家