眞木 蔵人(まき くろうど、1972年10月3日 - )は、日本の男性俳優ラッパープロサーファー。ラッパーとしては「AKTION」(アクション)と名乗っている。

まき くろうど
眞木 蔵人
生年月日 (1972-10-03) 1972年10月3日(47歳)
出生地 日本の旗 日本東京都港区赤坂
国籍 日本の旗 日本
血液型 O型
ジャンル 俳優
活動期間 1988年 -
事務所 SOLOMON I&I PRODUCTION
主な作品
テレビドラマ
追いかけたいの!
サイコメトラーEIJI
あ・うん
BROTHER
テンプレートを表示

芸能事務所は株式会社SOLOMON I&I PRODUCTION、レコード会社はポニーキャニオン内「UBG RECORDS」にそれぞれ所属する。

人物編集

東京都立川市出身。堀越高等学校中退。牛肉豚肉を食べないベジタリアンである。

芸能人の二世俳優として人気を得た後は、主に映画を中心に活動し、プロモーションビデオの監督などの活動歴もある。またサーフィンを得意としており、サーフショップを営んでいる。兄弟や仲間達と共にBREDREN DESIGN(ブレジン デザイン)を設立。また、AKTIONという名前でラッパーとしても活動している。

父がレギュラー出演していた『救急戦隊ゴーゴーファイブ』の41話にゲスト出演し、親子共演が実現した。自身も子供の頃にスーパー戦隊シリーズを熱心に視聴しており、また現在では数少ないフィルム(16mm)で撮影しているテレビ作品だということもあって興味があり、父に相談したところ実現したとのことである[1]。共演した西岡竜一朗は、真木について共にいい作品を作ろうと思える兄貴分であったといい、ラストシーンでの敬礼は西岡から真木への敬意も込めていたと述べている[2]。また西岡は、真木親子は互いに尊重しあっており、熱くて真剣な同じ血が流れているのを感じたとも評している[2]

経歴編集

マイク眞木を父親、前田美波里を母親とする芸能夫婦のもとに生まれた。異母弟の次弟として眞木勇人、三弟として眞木泰人がおり、後に2人はともにプロサーファーとなった。

学生時代はラグビーに熱中していた真木ではあるが、1988年昭和63年)のNHK大河ドラマ武田信玄』への出演で俳優デビューした。このドラマで眞木は武田信玄の少年期、及び武田勝頼を演じた。1990年平成2年)の『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』内のコーナー、「十二単衣に着がえたら」、「タイムパトロール牛若丸子」ではコントにも挑戦していた。

2005年(平成17年)より月刊スキャンダル誌「BUBKA」にてコラム「蔵人独白(くろうどのひとりごと)」を連載。独自の言語感覚、強烈な批判精神と絶妙のユーモアで人気を得る。ライターの吉田豪をして「最強のコラムニスト」と言わしめた。ダイノジ大谷ノブ彦RHYMESTER宇多丸など、真木のコラムファンも多い。

2008年(平成20年)7月16日に1stアルバム「WHITEBOOK」、初エッセイ集「BLACKBOOK 蔵人独白」(コアマガジン)、サーフDVD「Claude Clauzo Show?」を同時リリースし、話題を呼んだ。エッセイ集「BLACKBOOK 蔵人独白」の読み方は「くろうどどくはく」であり、連載とは異なっている。また帯文は、タレントや映画監督である北野武の「心地よく耳が痛い」。

私生活編集

中学生の頃に、今所属するSOLOMON I&I PRODUCTION金子達也社長や北澤晃男たちチーマーと知り合い渋谷原宿六本木などで遊ぶ。

俳優としてデビューの後、妊娠したアメリカ人モデルの恋人をめぐる騒動で芸能マスコミを賑わせた。その後は、世間の目を振り払うかの如くハワイ在住だった父親の元へ身を寄せた後、母親が住むマンション「赤坂アーバンライフ」の別階に居住していたこともあった。

2003年(平成15年)、女性モデルの山田明子と再婚し同年に長女が誕生した。2010年(平成22年)2月、真木が21歳のときに認知した男児で当時16歳の高校生、NOAH(ノア)の芸能界デビューが発表された[3]。また父であるマイクによると、蔵人の長女はマイクの長女と同じ幼稚園に通っていたとのことである。2012年(平成24年)、山田がブログにて離婚を発表した。

2016年(平成28年)5月6日、千葉県いすみ市にある眞木の自宅において、交際相手に対し暴行を加えたとして、傷害罪の容疑で逮捕された[4]。その後、16日に処分保留として釈放された[5]。この件に関して、自らMCを務める2016年8月22日放送のBAZOOKA!!!第178回放送分にて、事件の詳細について説明し、公式に謝罪を行った[6]

受賞編集

出演作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

OVA編集

バラエティ編集

CM編集

音楽編集

シングル

  • Still Neva Enuff feat. ZEEBRA(UBG RECORDS/ポニーキャニオン) 2007年3月7日発売

アルバム

  • WHITE BOOK (UBG RECORDS/ポニーキャニオン) 2008年7月16日発売

客演

  • Neva Enuff feat. AKTION - ZEEBRA
  • 男一匹 feat. HI-D & AKTION - 童子-T
  • Wildin' Part II feat. Q & AKTION - ZEEBRA
  • 360° Feat. OJ Flow, KM-MARKIT, AKTION, BRAIDZ, Gotz & Uzi - ZEEBRA
  • 開放軍II
  • 開放軍III feat. 神, KENTA5RUS, MASARU, 565, AKTION & DOB-ROC - UZI
  • 正眼 Feat. Aktion - UZI
  • ようこそ千葉 feat. AKTION- MAGASA
  • ラストライン feat. AKTION, B-YAS & 秋田犬どぶ六 - DJ Celory
  • SURVIBES feat. AKTION- OJ & ST
  • HONBAN 2003 REMIX Feat. AKTION, MINESIN-HOLD - ラッパ我リヤ
  • 湘南乃風 カラス PV

出典編集

  1. ^ 救急戦隊ゴーゴーファイブ公式サイトより[要文献特定詳細情報]
  2. ^ a b 「メモリアル座談会」『救急戦隊ゴーゴーファイブ超全集小学館てれびくんデラックス愛蔵版〉、2000年3月1日、61-65頁。ISBN 978-4091014726
  3. ^ 眞木蔵人長男NOAHが芸能界デビュー 日刊スポーツ 2010年2月17日
  4. ^ “俳優の眞木蔵人容疑者 交際相手への傷害容疑で逮捕”. NHK. (2016年5月10日). オリジナルの2016年5月11日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160511043304/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160510/k10010515781000.html 
  5. ^ “傷害容疑で逮捕の眞木蔵人、処分保留で釈放”. 日刊スポーツ. (2016年5月19日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1649643.html 
  6. ^ 生放送で“騒動”説明「フィジカル的な暴力はなかった」

外部リンク編集