メインメニューを開く

真玉町(またままち)は、大分県の北部、国東半島の北西にあり、西国東郡に属していた。2005年3月31日に旧豊後高田市・香々地町と対等合併して豊後高田市となり、行政区域としての真玉町は消滅した。

またままち
真玉町
廃止日 2005年3月31日
廃止理由 新設合併
豊後高田市、真玉町香々地町 → 豊後高田市
現在の自治体 豊後高田市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 大分県
西国東郡
団体コード 44302-6
面積 44.38km2
総人口 3,948
(2000年)
隣接自治体 豊後高田市、香々地町、東国東郡国見町
町の木 やまもも
町の花 つばき
真玉町役場
所在地 872-1101
大分県西国東郡真玉町2144-12
外部リンク [1]
 表示 ウィキプロジェクト

沿革編集

  • 1941年4月1日 - 西真玉村・中真玉村が合併し、真玉村が発足。
  • 1954年3月31日 - 上真玉村・臼野村と合併し、改めて真玉村が発足。
  • 1955年1月1日 - 町制施行し真玉町となる。
  • 2005年3月31日 - 旧豊後高田市・香々地町と対等合併し、豊後高田市が発足。

産業編集

農林水産業編集

平松守彦元大分県知事が提唱した「一村一品運動」により、次の生産品がある。

一村一品編集

地域編集

教育編集

中学校編集

小学校編集

  • 真玉町立真玉小学校
  • 真玉町立臼野小学校

関連項目編集

外部リンク編集