真田 守信(さなだ もりのぶ)は、江戸時代前期の武士陸奥仙台藩士。真田信繁(幸村)の次男。幼名は大八通称は四郎兵衛、後に久米之介。号は一貫斎[要出典]

 
真田守信 / 片倉守信
Sanada Morinobu.jpg
真田守信(個人蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 慶長17年(1612年
死没 寛文10年10月30日1670年12月12日
改名 大八(幼名)、(片倉守信)→真田守信→片倉守信→一貫斎[要出典]
別名 通称:四郎兵衛[1]、久米之介[1]
墓所 功徳山当信寺宮城県白石市
主君 伊達忠宗綱宗綱村
陸奥国仙台藩
氏族 真田氏片倉氏仙台真田家
父母 父:真田信繁、母:竹林院大谷吉継の娘)
兄弟 阿菊/すへ(石合重定/道定室)[2]
於市、阿梅片倉重長後室)、
あくり(蒲生郷喜室)、幸昌
なほ(御田姫、岩城宣隆室)、
阿昌蒲(片倉定広室)、
おかね(石川貞清室)、守信三好幸信
辰信
テンプレートを表示

生涯編集

慶長17年(1612年)、真田信繁の次男として紀伊国九度山で生まれた[3]。母は大谷吉継の娘[3](竹林院[4])。

大八については、ある年の高野山蓮華定院(真田氏の高野山における菩提寺)の記録に「5月5日、京都に於て印地打ち成され、御死去候」とある[5]。しかし実は生存し、慶長20年(1615年)5月の大坂夏の陣で父信繁と兄大助(幸昌)の戦没した後に、落城時に乱取りされた異母姉の阿梅(次女)[6]片倉重長の側室(後に継室とも)になると、片倉家に引き取られることになって、同母姉の阿昌蒲(六女)・おかね(七女) らと共に陸奥白石に落ち延びることになったと言う[3][7]

大坂両陣の戦中に負傷したとして信繁の戦死・大坂城落城より先に城を離脱、本願寺下間氏との血縁により、京都の西本願寺にて潜伏療養していた幸村家臣の三井景国がいる。この三井の家臣であった我妻佐渡と西村孫之進の護送により、戦後に京都の片倉家の屋敷(当時は当主の重綱が療養中)に四女お弁、七女おかね、八女(名前不明)、そして次男大八が送り届けられた、とする話が残る。三井景国はその後も京に留まり[8]1619年に片倉家へ赴き庵原元鄰と共に仙台藩に仕え、守信の家臣となっている。また、片倉家領内に我妻佐渡の墓とされるものも発見されている。

寛永17年(1640年)、28歳の時に伊達家(仙台藩)に召し抱えられ、真田四郎兵衛守信を称した。しかし逆賊の子を雇用したのではないかと幕府が咎めて、仙台藩に詰問状が届いた。伊達家は、信繁の次子・大八は石投げで死んでいるとする前述の記録を持ち出して弁明し、守信は「幕臣である真田信尹の次男の政信の子[9]」だと説明した[7][1]。信尹家は真田一族ではあるが幕臣であるため、幕府も厳密に調査すれば否定できた話であるにも拘らず、これで結局、お咎めなしとなった。

上記の事もあり、早々に真田姓を憚って片倉姓に改め、片倉久米之介守信と改名して、仙台藩士として扶持360石を与えられた[1][3]

寛文10年(1670年)10月30日に死去し、享年59[3]

子の辰信が継いだ。守信より8代後、幕末期の子孫真田幸歓において真田姓に復し[3][10]仙台真田家として現在も続いている。

登場する作品編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 德川 2015.
  2. ^ 小林計一郎 1989, pp.95, 187-188
  3. ^ a b c d e f 小林計一郎 1989, p.97
  4. ^ 信繁の正室。
  5. ^ 小林計一郎 1989, p.189.
  6. ^ 落城時の乱取り(『老翁聞書』によれば自主的な投降)の後に嫁ぐことになった経緯は、阿梅#片倉重長の妻になる経緯を参照。
  7. ^ a b 小日向 2015, pp. 152-153.
  8. ^ この三井の京都滞在中に「大八は京にて印地打ちにて死亡」とされている。
  9. ^ 実際には信尹の次男に政信という人物は存在しない。
  10. ^ 小日向 2015, pp. 153.

参考文献編集

  • 小林計一郎編 『真田幸村のすべて』 新人物往来社、1989年、97, 189頁。ISBN 440401614X 
  • 小日向えり 『いざ、真田の聖地へ』 主婦と生活社、2015年、152頁。ISBN 9784391147889 
  • 德川宗英 『徳川家が見た「真田丸の真実」』 PHP研究所、2015年。ISBN 9784569827131