メインメニューを開く

真田 彩子(さなだ あやこ(旧姓古河)、1972年8月13日 - )は、将棋女流棋士福島県いわき市出身。佐瀬勇次名誉九段門下。女流棋士番号12。東京理科大学卒。

 真田彩子 女流二段
名前 真田彩子
旧姓 古河
生年月日 (1972-08-13) 1972年8月13日(46歳)
プロ入り年月日 1992年4月1日(19歳)
棋士番号 12
出身地 福島県いわき市
師匠 佐瀬勇次名誉九段
段位 女流二段
戦績
2015年2月12日現在

目次

人物

  • 夫は棋士真田圭一。女流棋士としては結婚後も古河姓を名乗っていたが、2013年3月15日付から真田姓で活動[1]
  • 女流棋士会の分裂[2]に際しては、早い時期から日本将棋連盟への残留を表明し、ブログなどで独立の動きを批判していた。分裂後の2007年5月から2008年5月まで、姉弟子である谷川治恵会長の下、日本将棋連盟女流棋士会の理事を務めた[3]
  • 2018年4月1日~2019年3月31日まで休場[4]

棋風

昇段履歴

関連項目

脚注

  1. ^ 古河女流二段、真田姓で活動することに 日本将棋連盟、2013年3月8日発表。
  2. ^ 2007年5月30日に日本将棋連盟から一部の女流棋士が退会して、LPSA(日本女子プロ将棋協会)を設立。
  3. ^ 谷川が2代目の日本将棋連盟女流棋士会会長であった時も、谷川の下で役員を務めていた経験がある。
  4. ^ 休場のお知らせ 日本将棋連盟、2018年3月30日

外部リンク