メインメニューを開く

真賀里 文子(まがり ふみこ)は、日本の人形アニメーター、演出家[1][2]岡山県新見市出身。

持永只仁の会社で美術のアルバイトしている時に人形アニメーションに出会い、持永に師事[3]

のち、テレビや映画を中心に人形アニメーションを担当。子ども向け作品からCM、特撮アニメーションと守備範囲は広く、CMを含めるとこれまで1000本以上のアニメーションをこなしている[2]

代表作はテレビ、『ウルトラQ』第4話「マンモスフラワー」、『コメットさん』(1967年)、長編人形アニメーション映画『くるみ割り人形』(1979年)、自主制作作品『くまの子ウーフ』(1983年)、埼玉県の航空発祥記念館で上映された世界初のIMAX用人形アニメーション『天までとどけ』(1993年)など[4][5]

また、「コンタック」「ドコモダケ」「液キャベ」など多数のCMを担当[6][4]

ちぃちゃんとヒゲおじさん」シリーズが「プチプチ・アニメ」(NHK教育テレビ)で放映。また、「アート・アニメーションのちいさな学校」で立体アニメーションを教える[4]

東京国際アニメフェア2013の『第12回 東京アニメアワード コンペティション』において審査委員を務め[7]、また東京アニメアワードフェスティバル2014においてアニメ功労部門を受賞している[8]

出典編集

  1. ^ マガリ事務所 真賀里文子アニメーションスタジオ”. マガリ事務所. 2015年9月30日閲覧。
  2. ^ a b 人形アニメの真賀里文子を特集 ラピュタアニメフェス”. 朝日新聞 (2006年11月6日). 2015年9月30日閲覧。
  3. ^ 人形アニメーション作家・真賀里文子さんに日本の立体アニメの祖・持永只仁氏のことや制作技法についてインタビュー”. GIGAZINE (2013年7月10日). 2015年9月30日閲覧。
  4. ^ a b c 特撮国宝”. 映画秘宝. 2015年9月30日閲覧。
  5. ^ WORKS - 特撮篇”. マガリ事務所. 2015年9月30日閲覧。
  6. ^ 真賀里文子さんの技に驚嘆せよ!”. 読売新聞 (2014年11月26日). 2015年9月30日閲覧。
  7. ^ 2013東京アニメアワード公募要項”. 東京国際アニメフェア実行委員会. 2015年10月1日閲覧。
  8. ^ TAAF2014 アニメ功労部門”. 東京アニメアワードフェスティバル実行委員会. 2015年10月1日閲覧。

外部リンク編集