真道ゴー

真道 ゴー(しんどう ゴー、1987年7月18日 - )は、日本の元プロボクサー和歌山県出身。本名は橋本 浩(はしもと ごう)、旧名はめぐみ[3]グリーンツダボクシングクラブ所属。第2代OPBF女子東洋太平洋フライ級王者。第5代WBC女子世界フライ級王者。
和歌山県立和歌山北高等学校卒業[4]天理大学中退[2]

真道 ゴー
基本情報
本名 橋本 めぐみ
階級 フライ級
身長 167cm[1]
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1987-07-18) 1987年7月18日(30歳)
出身地 和歌山県
スタイル 右ボクサーファイター[2]
プロボクシング戦績
総試合数 20
勝ち 16
KO勝ち 11
敗け 4
テンプレートを表示

目次

人物編集

  • リングネームは「真っ直ぐに信じた道を突き進む」という思いをこめて自ら名づけた[5]
  • 性同一性障害を抱えていることを公表している[6]。中3のときに仲のいい女友達に彼氏ができたときに嫉妬を覚えたという[7]。女性ホルモンが少なく体重も落ちにくい[8]
  • 体操競技ロンドンオリンピック日本代表の田中理恵は高校時代の同級生であり、現在も悩みを相談し合う親友[9][10]
  • 大阪エヴェッサに所属する根来新之助は大学バスケットボール部の同期[11]
  • 現在、ボクサー活動の傍ら、和歌山市内でトレーニングジムを開いている。

来歴編集

子供の頃から身体能力が高く、陸上競技水泳で全国大会出場。小5から大学までバスケットボールに打ち込み近畿国体予選にも出場。大学進学後、バスケットボール部でいじめに遭い休学し、大阪・北新地のバーで働いていた[7]。「違うことに挑戦したい」[12]と、救急救命士の専門学校に進む予定でいたところ、体を鍛えなおす目的で2007年12月に地元のクラトキボクシングジムに入門して、ボクシングを始め、会長から「プロにならないか」と誘われた[2][5]

デビュー編集

2008年後楽園ホールで初めて実施された第1回女子プロテストで合格[12]

5月25日、地元の和歌山県立体育館にて元アマチュア日本王者秋田屋まさえ戦でプロデビュー、判定負け。

11月16日、高知サンピアセリーズにて李珉順を1回KOで退け初勝利。

その後国内女子最多記録となる4連続KO勝利(後に山口直子に更新される)。

2009年12月6日、ABCO女子フライ級チャンピオンのカニター・トーンソンタクシンを相手に判定勝利。

2010年4月4日、後のABCOアトム級王者ジュジース・ナガワにTKO勝利。

東洋太平洋王座獲得編集

2011年5月16日、初の後楽園ホールでOPBF東洋太平洋女子フライ級王者の四ヶ所麻美を相手に判定勝利し、2代目王者に。23歳7ヶ月での日本女子ボクシング史上最年少東洋太平洋タイトル獲得となった(後に古川夢乃歌に更新される)。

2011年8月14日、和歌山県体育館にて前の試合で天海ツナミの世界王座に挑戦したペッサイルン・ルークサイゴンディンを迎え初防衛戦を3回KOで飾る。

世界初挑戦編集

2012年7月14日、ロサンゼルスでマリアナ・フアレス(メキシコ)が持つWBC女子世界フライ級王座に挑戦することが発表された。当初は5月12日に予定されていた[13]が、期日及び会場が二転三転した。試合は1-2の判定で敗れ王座奪取を逃すと共に2敗目となった[14]

2012年12月22日、神戸市立中央体育館(メインは長谷川穂積のノンタイトル)にて再起戦としてガブリエラ・ゴンザレスと対戦し、判定勝利。

世界王座奪取編集

2013年5月19日、和歌山ビッグウエーブにてレナータ・セベレディ(ハンガリー)が持つWBC女子世界フライ級王座に挑戦することが発表された[15]。和歌山県内での世界タイトルマッチは1981年のWBA世界ジュニアライト級、上原康恒 vs サムエル・セラノ以来32年ぶり、女子は初となる。試合は3者とも100-90のフルマークをつける完勝で、2度目の挑戦で悲願の世界王座の獲得に成功した[6][16]。男女通じ和歌山県初の世界王者となった。また、女子世界王座をフライ級で獲得したのはJBC初の快挙であった。この試合は後日テレビ和歌山スカイ・A sports+で録画中継された。

世界王座防衛編集

2013年12月22日、和歌山ビッグウエーブにて過去に山口直子が持つ世界王座にも挑戦したフェディス・ロドリゲスと初防衛戦を行う。序盤は2回にダウンを奪われるも手数で制して3-0の判定勝利、初防衛に成功した[17]

2014年5月25日、2度目の防衛戦として和歌山ビッグウエーブにて9位のグレーペッ・ルークムアンカンと対戦。8回に集中打を浴びせレフェリーストップ、2度目の防衛を果たした[18]

ジム移籍・世界王座陥落編集

2014年7月25日、ジムとの間で今後の方針に関して意見が一致しなかったことが原因で[19]、WBC王座の返上届が提出されたとJBCより発表されたが[20]、8月に王座返上の撤回を表明し、メキシコ・ロスモチスで3度目の防衛戦としてアレリー・ムシーニョの指名挑戦を受けることになった[21][22][23][24][25]

2014年9月18日、大阪のグリーンツダジムへの移籍を発表[26]

なお、防衛戦は当初予定されていた10月4日から延期されるが、一度は現地プロモーターのスポンサー獲得が難航し、12月に大阪で選択試合に変更との報道もなされていた[27]。ところがその後挑戦者ムシーニョにメキシコ政府機関の支援が就くことになったため、日程は12月6日で会場は同じメキシコながらモンテレイに変更されたものの指名試合として汲まれることになった[28][29]。メキシコでの日本人女子世界王者の防衛戦は2012年6月23日に行われたWBC女子世界ライトフライ級の富樫直美以来約2年半ぶりとなった。試合は1-2の判定で敗れ王座陥落[30]

再起編集

2015年4月5日、大阪府立体育会館第2競技場でタンティップ・シッサイトーンとノンタイトル8回戦を行い、3回1分19秒TKO勝ちを収め再起を果たした[31]

夏に世界再挑戦が予定されていたが、右足首を負傷したため延期された[32]

2015年12月5日、エディオンアリーナ大阪(旧・大阪府立体育会館)第2競技場にてスーダ・サックナロン相手に2・3・4回にそれぞれ2度の計6度ダウンを奪い、4回1分46秒に相手を戦意喪失に追い込んだところでレフェリーが3度目のダウンと判断しKO勝利した[32]

世界2階級制覇挑戦編集

2016年6月13日、後楽園ホールにてWBO女子世界バンタム級王者藤岡奈穂子と2階級制覇を懸けて対戦[33]。初回に右ストレートで王者をぐらつかせるが、2回以降劣勢に立たされ、8回にダウンを喫して、終わってみれば0-3(92-97、91-98、91-98)の判定で2階級制覇を逃した[34]

引退編集

2017年7月17日、性別適合手術と戸籍変更を終えて男性となり、一般女性と結婚したこと、引退届提出を予定していることが報道された[3]

戦績編集

  • プロボクシング:20戦 16勝 11KO 4敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2008年5月25日 敗北 4R 判定0-3 秋田屋まさえ(ワイルドビート)   日本 プロデビュー戦
2 2008年11月16日 勝利 1R 0:42 KO 李珉順   韓国
3 2009年2月15日 勝利 1R 1:33 KO 北脇絵美(フュチュール)   日本
4 2009年5月31日 勝利 4R 1:20 TKO 李恵林   韓国
5 2009年8月23日 勝利 5R 1:55 TKO ジョミュティン・キャットノーウォー   タイ
6 2009年12月6日 勝利 8R 判定3-0 カニター・トーンソンタクシン   タイ
7 2010年4月4日 勝利 5R 1:22 TKO ジュジース・ナガワ   フィリピン
8 2010年11月23日 勝利 5R 1:39 TKO チュタポーン・プラディッサン   タイ
9 2011年5月16日 勝利 10R 判定3-0 四ヶ所麻美(赤羽)   日本 OPBF女子東洋太平洋フライ級タイトルマッチ
10 2011年8月14日 勝利 3R 1:20 KO ペッサイルン・ルークサイゴンディン   タイ OPBF防衛1
11 2012年2月19日 勝利 2R 1:55 KO ノンタック・オークンジェフェイクァンジム   タイ
12 2012年7月14日 敗北 10R 判定1-2 マリアナ・フアレス   メキシコ WBC女子世界フライ級タイトルマッチ
13 2012年12月22日 勝利 8R 判定3-0 ガブリエラ・ゴンザレス   メキシコ
14 2013年5月19日 勝利 10R 判定3-0 レナータ・セベレディ   ハンガリー WBC女子世界フライ級タイトルマッチ
15 2013年12月22日 勝利 10R 判定3-0 フェディス・ロドリゲス   メキシコ WBC防衛1
16 2014年5月25日 勝利 8R 0:19 TKO グレーペッ・ルークムアンカン   タイ WBC防衛2
17 2014年12月6日 敗北 10R 判定1-2 アレリー・ムシーニョ   メキシコ WBC王座陥落
18 2015年4月5日 勝利 3R 1:19 TKO タンティップ・シッサイトーン   タイ
19 2015年12月5日 勝利 4R 1:46 KO スーダ・サックナロン   タイ
20 2016年6月13日 敗北 10R 判定0-3 藤岡奈穂子(T&H)   日本 WBO女子世界バンタム級タイトルマッチ
テンプレート

獲得タイトル編集

  • 第2代OPBF東洋太平洋女子フライ級王座(防衛1=返上)
  • 第5代WBC女子世界フライ級王座(防衛2=陥落)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 真道vsロドリゲス検診結果”. Boxing News. 2013年12月19日閲覧。
  2. ^ a b c “真道ゴー、故郷でTKO勝利 女子Sフライ級6回戦”. スポーツニッポン. (2009年6月1日). http://www.sponichi.co.jp/osaka/spor/200906/01/spor220818.html 
  3. ^ a b “元女子世界王者・真道ゴー、性別適合手術&戸籍変更し新郎で結婚”. スポーツ報知. (2017年7月18日). http://www.hochi.co.jp/sports/boxing/20170718-OHT1T50068.html 2017年7月28日閲覧。 
  4. ^ “女子ボクシングの真道ゴー選手 25日県立体育館でプロ第1戦”. わかやま新報. (2008年5月16日). http://www.wakayamashimpo.co.jp/news/08/05/080516_23.html 
  5. ^ a b “信じた道を真っ直ぐに”. ニュース和歌山. (2011年8月10日). http://www.nwn.jp/kakokizi2011/20110810/1/1.html 
  6. ^ a b “真道ゴーが王座奪取/ボクシング”. 日刊スポーツ. (2013年5月19日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20130519-1129753.html 
  7. ^ a b “チャンプへの道をつきすすめ 性同一性障害と向き合う真道ゴー選手 来月WBC世界女子フライ級タイトルマッチ”. MSN産経west. (2013年4月3日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130403/wlf13040309150004-n1.htm 
  8. ^ “【BOX】真道ゴー、ブラ着け計量一発パス「よっしゃあ」”. スポーツ報知. (2013年12月22日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20131222-OHT1T00009.htm 
  9. ^ “チャンプへの道をつきすすめ 性同一性障害と向き合う真道ゴー選手 来月WBC世界女子フライ級タイトルマッチ”. MSN産経west. (2013年4月3日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130403/wlf13040309150004-n3.htm 
  10. ^ “【BOX】性同一性障害公表の真道「女のテッペン」とったる!”. スポーツ報知. (2013年12月17日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20131217-OHT1T00180.htm 
  11. ^ 女子プロボクシングWBC世界フライ級現チャンピオンの真道ゴー選手が和歌山トライアンズを激励に来てくださいました!”. 和歌山トライアンズ株式会社. 2013年8月23日閲覧。
  12. ^ a b “クラトキボクシングジム 橋本めぐみ選手「めざすは世界チャンプ」初実施の女子プロテスト合格”. ニュース和歌山. (2008年3月15日). http://www.nwn.jp/kakokizi2008/20080315/rokumen/rokumen.html 
  13. ^ 世界戦延期”. クラトキボクシングジム (2012年4月12日). 2012年4月19日閲覧。
  14. ^ “真道はタイトル奪取ならず/ボクシング”. 日刊スポーツ. (2012年7月15日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20120715-983801.html 
  15. ^ “真道が和歌山で世界挑戦 WBC女子フライ級”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2013年1月26日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2013/01/blog-post_26.html 
  16. ^ “和歌山に王者誕生 真道がWBC女子タイトル奪取”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2013年5月19日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2013/05/wbc.html 
  17. ^ “真道が初防衛=WBC女子フライ級”. 時事通信. (2013年12月21日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201312/2013122200085&g=spo&relid2=1_1 
  18. ^ “真道ゴーが8回TKOでV2、WBC女子フライ級戦”. Boxing News. (2014年5月25日). http://boxingnews.jp/news/14405/ 
  19. ^ 真道がWBC王座返上=女子ボクシング”. 時事通信 (2014年7月25日). 2014年7月25日閲覧。
  20. ^ “真道ゴー王座返上 一身上の理由で”. デイリースポーツ. (2014年7月25日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2014/07/25/0007177228.shtml 
  21. ^ “真道は王座返上せず=ジム移籍、現役続行へ-女子ボクシング”. 時事通信. (2014年8月28日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2014082800910 
  22. ^ “真道、世界王座返上やめ防衛戦へ”. 日刊スポーツ. (2014年8月29日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20140829-1358174.html 
  23. ^ 世界ボクシング評議会 (2014年8月11日). “WBC president´s weekly report 4-10 august, 2014”. 2014年8月17日閲覧。
  24. ^ “真道ゴーがメキシコで防衛戦、福原辰弥がタイで試合”. Boxing News. (2014年9月1日). http://boxingnews.jp/news/17204/ 
  25. ^ “【BOX】真道ゴー移籍へ 所属ジムと意見合わず”. スポーツ報知. (2014年9月14日). http://www.hochi.co.jp/sports/boxing/20140914-OHT1T50309.html 2014年9月15日閲覧。 
  26. ^ “WBC女子世界王者・真道ゴー、グリーンツダへ移籍”. スポーツニッポン. (2014年9月18日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2014/09/18/kiji/K20140918008951840.html 
  27. ^ “真道ゴー 防衛戦は年末に大阪か”. 和歌山新報. (2014年10月25日). http://www.wakayamashimpo.co.jp/2014/10/20141025_43533.html 2014年11月1日閲覧。 
  28. ^ “真道選手 メキシコで防衛戦へ”. 和歌山新報. (2014年10月27日). http://www.wakayamashimpo.co.jp/2014/10/20141027_43570.html 2014年11月1日閲覧。 
  29. ^ “Arely Muciño va por título ante japonesa Shido Go” (スペイン語). El Diario. (2014年10月28日). http://diario.mx/Deportes/2014-10-28_e682cd4c/arely-mucino-va-por-titulo-ante-japonesa-shido-go/ 2014年11月1日閲覧。 
  30. ^ “真道は判定負けで防衛失敗”. デイリースポーツ. (2014年12月7日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2014/12/07/0007564567.shtml 
  31. ^ 真道ゴー 再起戦で3回TKO勝ち デイリースポーツ 2015年4月5日
  32. ^ a b “女子ボクシング 真道ゴーがKO勝ち”. デイリースポーツ. (2015年12月5日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2015/12/05/0008623166.shtml 
  33. ^ “Gツダの川口裕&真道ゴーがタイトル奪取に意欲”. Bpxing News. (2016年5月31日). http://boxingnews.jp/news/37950/ 
  34. ^ “藤岡奈穂子が真道ゴーに勝利、女子ベストバウトの声”. Bpxing News. (2016年6月13日). http://boxingnews.jp/news/38297/ 

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
四ヶ所麻美
第2代OPBF東洋太平洋女子フライ級王者

2011年5月16日 - 2013年5月19日(返上)

空位
次タイトル獲得者
江畑佳代子
前王者
レナータ・セベレディ
第5代WBC女子世界フライ級王者

2013年5月19日 - 2014年12月6日

次王者
アレリー・ムシーニョ