メインメニューを開く

真野春美

真野 春美(まの はるみ、1907年1月12日 - 没年不明)は、京都府出身のプロ野球選手内野手)、パシフィック・リーグ審判員

真野 春美
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府
生年月日 1907年1月12日
没年月日 没年不明
身長
体重
167 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手遊撃手
プロ入り 1948年
初出場 1948年8月8日
最終出場 1948年8月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

目次

来歴・人物編集

東山中学(現・東山中学校・高等学校)在籍中に、1925年夏の甲子園に出場(2回戦で優勝した高松商に0-14と大敗)。東山中学卒業後は、明治大学に入学。田部武雄(後に東京倶楽部藤倉電線でもチームメイトになる)を外野に追いやって、遊撃手のレギュラーとして活躍した。

明大卒業後は、社会人野球草創期の強豪・東京倶楽部に入団。1932年第7回全日本都市対抗野球大会では二塁手としてチームを3度目の栄冠に導き、この大会から初めて設置された最優秀選手賞(後の橋戸賞)を受賞した。東京倶楽部が1938年に解散すると、藤倉電線の社員だった真野は藤倉電線硬式野球部に移籍。同年の第12回都市対抗野球大会ではチームを初出場にして初優勝に貢献した。東京倶楽部,藤倉電線と辿ったチームメイトには田部の他に菊谷正一(立大出身。立大時代首位打者獲得)、中島治康(のち巨人)がいる。その後も全京都に所属し、社会人野球の世界で活躍した。打撃・守備もさることながら、走塁面が素晴らしく、ベースランニングに定評があったと伝わる。

1947年国民野球連盟大塚アスレチックスに入団。既に40歳の高齢になっていたが、内野手としてプレーした。同年末、大塚幸之助に球団を売却すると、門前眞佐人板倉正男木場巌小林経旺らと共に翌1948年金星スターズに入団。41歳にして初めてプロ野球の世界に入った。しかし、助監督としてのポストを用意されていたのであり、選手としての出場は8月8日大陽戦(函館市民球場)で代走として出た1試合に留まった。同年にはファームの金星リトルスターズの監督も兼任した。

1949年より再び社会人野球の世界に戻り、日鉄二瀬の監督に就任。監督時代の教え子に三船正俊投手、横井啓二捕手がおり、松木謙治郎とは明大時代の先輩・後輩だったという縁で、両選手を阪神に入団させる事に漕ぎ着けた[1](横井捕手は石川県出身者として、初のプロ野球選手及びタイガース選手となった)。その後、パシフィック・リーグ審判員に転身した。

没年は不明であるが、長寿であり、2003年頃まで存命だったと伝わっている。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1948 金星 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 0 -- ---- ---- ---- ----
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 0 -- ---- ---- ---- ----

背番号編集

  • 26 (1948年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集