メインメニューを開く

真鍋賢行

日本のゲームデザイナー

真鍋 賢行(まなべ よしゆき)は、日本ゲームクリエイターエコールソフトウェア代表取締役[1]愛媛県松山市出身[1]

来歴編集

大阪大学工学部原子力工学科卒業。大学院を中退し、1989年3月31日にエコールソフトウェアを設立[1]。建築CADソフトウェアの開発で、業界トップクラスの開発経験を持つ。低価格の配管CADソフト「ZetaWin」を開発し販売した。1995年にコンピューターゲーム事業に参入し、その第2作目『デスクリムゾン』で一躍有名になる。その後ゲーム開発やプロデュースに専念している。

作品編集

自身がプロデュースした作品は以下の通り。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c エコール真鍋”. エコールソフトウェア. 2019年11月3日閲覧。

外部リンク編集