メインメニューを開く

真露杯SBS世界囲碁最強戦(じんろはいSBSせかいいごさいきょうせん)は、囲碁の国際棋戦で、韓国日本中国の三国の、各国5名のチームによる勝ち抜き戦で団体優勝を争う。1993年に開始。1997年にアジア通貨危機の影響による眞露グループの不渡り騒動により終了。優勝回数は韓国5回。1999年に農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦として再開された。

前身は、SBSの開局記念として1991年に開始されたSBS杯世界囲碁最強戦

ルール編集

持ち時間は1人1時間、使い切ると1分の秒読み。コミは5目半。

過去の戦績編集

回次 年度 優勝 2位 3位 勝抜き順
1 1992 韓国(6-4) 日本(5-5) 中国(3-5) 宮沢吾朗邵煒剛
劉昌赫(宮沢、兪斌
依田紀基(劉)
曹大元(依田、張秀英淡路修三
李昌鎬(曹)
林海峰(李、劉小光
徐奉洙(林、馬暁春
武宮正樹(徐)
曺薫鉉(武宮)
2 1994 韓国(7-4) 日本(7-5) 中国(0-5) 山城宏(曹大元)
徐奉洙(山城、兪斌、石田芳夫、劉小光)
依田紀基(徐、馬暁春、鄭壽鉉、聶衛平、劉昌赫)
曺薫鉉(依田、小松英樹
武宮正樹(曺)
李昌鎬(武宮)
3 1995 韓国(6-4) 日本(4-5) 中国(4-5) 劉菁(劉昌赫)
宮沢吾朗(劉、徐奉洙、鄭弘、梁宰豪)
曹大元(宮沢)
李昌鎬(曹、小松英樹、馬暁春、武宮正樹)
聶衛平(李、加藤正夫)
曺薫鉉(聶、林海峰)
4 1996 韓国(7-4) 中国(6-5) 日本(1-5) 崔珪丙羅洗河
森田道博(崔)
陳臨新(森田、梁宰豪、宮沢吾朗)
劉昌赫(陳、山城宏)
曹大元(劉、依田紀基)
李昌鎬(曹、武宮正樹、聶衛平)
馬暁春(李)
曺薫鉉(馬)
5 1997 韓国(9-1) 中国(2-5) 日本(0-5) 兪斌(金栄桓、淡路修三)
徐奉洙(兪、彦坂直人常昊山田規三生、陳臨新、王立誠、曹大元、依田紀基、馬暁春)
(残り:劉昌赫、曺薫鉉、李昌鎬)

連勝記録編集

  • 9連勝 徐奉洙(第5回)
  • 5連勝 依田紀基(第2回)

注目局編集

1997年2月23日 第5回11局 徐奉洙(先番) - 馬暁春

                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     

右上から上辺の黒模様への白からの消しに黒は強く応じ、黒41手目から黒49まで押し切り黒のペースとなった。225手まで黒中押勝ちで徐は中国の主将の馬を破り、驚異の9連勝で韓国優勝をもたらした。

SBS杯世界囲碁最強戦編集

回次 年度 優勝 2位 3位 勝抜き順
1 1991 韓国(7-4) 中国(4-5) 日本(3-5) 劉昌赫(小松英樹、曹大元、依田紀基)
兪斌(劉、武宮正樹)
徐能旭(兪)
加藤正夫(徐)
劉小光(加藤)
李昌鎬(劉)
林海峰(李、馬暁春)
徐奉洙(林、聶衛平)
(残り:曺薫鉉)

関連項目編集

外部リンク編集