真駒内

北海道札幌市南区の町名に「真駒内」を冠する地域

真駒内(まこまない)は、北海道札幌市南区にある札幌市営地下鉄南北線真駒内駅を中心とした、町名に「真駒内」を冠する地域一帯を示す。

札幌市営地下鉄南北線真駒内駅

南区役所を初めとした公共施設が集まる南区の中心である[1]

歴史編集

アイヌ語で「背後にある川」を意味する「マ・オマ・ナイ」が語源であり、真駒内川を指すこの名称が、そのまま地名ともなった[2]

1876年(明治9年)、開拓使によって開かれた牧牛場で、エドウィン・ダンが酪農とアメリカ式農法を指導した[2]。こうして始まった真駒内種畜場は、以後70年にわたって北海道の畜産と農業の発展に大きく寄与した[2]

1945年(昭和20年)、進駐軍が真駒内一帯を接収して軍事基地「キャンプ・クロフォード」を建設する[2]1954年(昭和29年)にキャンプ地の一部が返還されると、自衛隊が駐屯を始めた[2]。キャンプ地が全面返還されたのは、1958年(昭和33年)のことである[2]

キャンプ地が返還されてからは公営やURの団地群が建ち始め、札幌オリンピックのメイン会場となってからは本格的に宅地開発が行われることとなる[3]

1971年南北線真駒内駅が開業。かつて運行されていた定山渓鉄道線の敷地の一部を転用したものである。

1972年に行われた札幌オリンピックの主会場となった真駒内アイスアリーナやオリンピックの選手村などの建物が真駒内の各地に残されている。1978年千葉真一主演ドラマ十字路』で舞台となった[4]。町民と札幌市立真駒内小学校の在校生がエキストラで出演し、撮影協力をしている[4]

他のニュータウン同様少子高齢化が進んでおり、2012年4月には駅周辺の小学校4校を2校に統廃合した[5]

沿革編集

「真駒内」を冠する町名編集

真駒内(まこまない)
狭義の真駒内は、市街地以外の地域を指す。
北部は真駒内駐屯地が占める。精進川奥地の丘陵地帯は「駒岡」と呼ばれる。南側には新興住宅地「サンブライト真駒内」がある。
真駒内曙町(まこまないあけぼのまち)
五輪通の北側の地域。真駒内発祥の地である[6]
真駒内泉町(まこまないいずみまち)
幸町と南町の間の地域。名称は、かつて付近にあった湧水にちなむ[6]
エドウィン・ダン記念館がある。
真駒内柏丘(まこまないかしわおか)
豊平川と真駒内川に挟まれた丘陵地帯。エドウィン・ダンがブドウを栽培した地であることから「ブドウ園」と呼ばれていたが、1951年(昭和26)の入植者たちによって、カシワの木が多いことにちなんで命名された[1]
真駒内上町(まこまないかみまち)
五輪通の南側の地域。種畜場時代の名称がそのまま用いられている[6]
光塩学園女子短期大学がある。
真駒内公園(まこまないこうえん)
その名の通り、北海道立真駒内公園の一帯。
真駒内幸町(まこまないさいわいまち)
真駒内駅前の南側の地域。官庁街として計画されていた[6]
南区役所がある。
真駒内東町(まこまないひがしまち)
北東の地域。名称は、一帯の東側であることから[6]
北海道真駒内養護学校がある。
真駒内本町(まこまないほんちょう)
北西の地域。かつては「下町」と呼ばれたが、1961年(昭和36年)に住民の希望で改称された[6]
真駒内緑町(まこまないみどりまち)
真駒内駅前の北側の地域。名称は、豊かな緑に恵まれていたことから[6]
札幌五輪の選手村があった場所で、跡地は「五輪団地」になっている。
真駒内南町(まこまないみなみまち)
名称は、真駒内団地の南端であることから[6]
北海道警察学校がある。

交通機関編集

脚注編集

  1. ^ a b 地名考 1977, p. 102.
  2. ^ a b c d e f 地名考 1977, p. 101.
  3. ^ 岡田利夫 『戦中戦後20年 北海道木材・林業の変遷』 152頁 北海道林材新聞刊 昭和63年6月10日刊
  4. ^ a b 十字路 第一部”. テレビドラマデータベース. 2013年8月20日閲覧。
  5. ^ 真駒内地域 小規模校検討委員会ニュース
  6. ^ a b c d e f g h 真駒内地域の概要とこれまでの取組について (PDF)p.10

参考文献編集

外部リンク編集