メインメニューを開く

睿宗(イェジョン、えいそう、1450年2月12日 - 1469年12月31日)は、李氏朝鮮の第8代国王(在位:1468年9月7日 - 1469年12月31日)。は晄(ファン、)。は平甫(ピョンボ、へいほ、평보)、即位後に明照(ミョンジョ、めいしょう、명조)と改称。君号は海陽大君(ヘヤンデグン、かいようだいくん、해양대군)。第7代国王世祖の第2王子。母は貞熹王后尹氏。治世中に李氏朝鮮初の垂簾聴政が行われた。

睿宗 李晄
李朝
第8代国王
王朝 李朝
在位期間 1468年9月7日-1469年12月31日
姓・諱 李晄
平甫
廟号 睿宗
生年 景泰元年1月1日
1450年2月12日
没年 成化5年11月28日
1469年12月31日
世祖
貞熹王后尹氏
后妃

章順王后韓氏

安順王后韓氏
陵墓 昌陵

目次

略歴編集

世子だった兄懿敬世子(桃源君)が病の為早世した為、代わりに1457年王世子となり、1468年に即位した。貞熹王后の摂政と重臣の補佐で国王の権力は大きく弱体化した。

睿宗の治世の間に、南怡の謀叛事件(1468年)や閔粋史獄(1469年実録の草本を収めた時に閔粋などが高官の非行を書いた内容が原因で、後になって紛糾や害悪が起こる可能性があり、それが恐ろしくて自分が作成した草本を修正した事件。連関者はある者は処刑されある者は奴婢に落とされた)などがあった。また1469年、商人李吉生が日本の商人だった時難而羅を欺く事が発生して、三浦での対日私務役(織物と食物の売買は除外)を禁止した。

病弱だったため19歳で薨去。在位期間は1年2ヶ月と短かった。陵は京畿道高陽市にある昌陵。

家系編集

睿宗が登場する作品編集

映画
テレビドラマ

脚注編集

  1. ^ 「選司憲監察李義生妾女子, 入東宮.」朝鮮王朝実録 世祖実録31巻 世祖9年12月21日 乙巳3回目
  2. ^ 王様の事件手帖 Movie Walker 2019.3.28 09:40 (UTC) 閲覧
  3. ^ TV 검색 왕과 나 출연 (朝鮮語) DAUM 2019.3.28 09:45 (UTC) 閲覧
  4. ^ TV 검색 인수대비 출연 (朝鮮語) DAUM 2019.3.28 09:50 (UTC) 閲覧

関連項目編集