メインメニューを開く

矢作川の戦い(やはぎがわのたたかい)は、建武2年11月25日1336年1月8日)から27日にわたり、後醍醐天皇の命をうけた新田義貞とその弟・脇屋義助ら京方の軍勢6万余騎と、北条時行を討伐したのち、鎌倉を占拠していた足利尊氏旗下の足利直義高師泰ら軍勢20万7000千騎の間で戦われた合戦。

三河国矢作川愛知県岡崎市)で京方1万9000騎と、足利勢3万6000騎が川を挟んで布陣し、これに敗れた足利勢は遠江国に退却[1]、鷺坂・手越河原の戦いと、京方の勝利が続いた。

関連項目編集

注釈編集

出典編集

  • 『太平記』、『新潮日本古典集成(二)』 著者 山下宏明 発行 新潮社