メインメニューを開く
矢作川橋梁。奥の青い橋は矢作橋

矢作川橋梁(やはぎがわきょうりょう)は、愛知県岡崎市矢作川に架かる名古屋鉄道名古屋本線の橋梁である。現在の橋梁は2代目である。

岡崎公園前駅矢作橋駅の間に架かる鉄道橋である。

かつて、名古屋鉄道には「矢作川橋梁」の名の橋梁が4箇所存在していたが、現存するのは本項の名古屋本線の矢作川橋梁のみである[1][2][3]

概要編集

初代の矢作川橋梁は、名古屋鉄道の前身である愛知電気鉄道の岡崎線の橋梁として、1923年(大正12年)8月8日、西岡崎 - 東岡崎間開業時に供用開始された。老朽化などにより架け替えられ、1971年(昭和46年)に現在の橋梁が完成する。

2009年現在、名古屋鉄道の橋梁としては3番目の長さである[4]

  • 供用: 1971年(昭和46年)1月
  • 延長: 327.5m 複線式
  • 構造: 鋼下路桁 
  • 区間:愛知県岡崎市八帖南町~岡崎市矢作町

現在の橋梁は上下線の間隔が広く取られているため、橋梁付近の名古屋本線は、上り線は直線だが下り線は下流側へ緩いS字カーブを描いて張り出している。

その他編集

脚注編集

  1. ^ 三河線矢作川橋梁(枝下 - 三河広瀬  )。2001年4月1日廃止。
  2. ^ 三河線矢作川橋梁(三河旭 - 中畑 全長405.5m )。2001年4月1日廃止。
  3. ^ 挙母線矢作川橋梁(渡刈 - 細川 全長346.1m)。1972年7月の集中豪雨で橋脚が破損し、約1ヶ月不通。復旧後も15km/hの速度制限。1973年3月4日廃止。
  4. ^ 1位は空港線中部国際空港連絡鉄道橋。2位は名古屋本線木曽川橋梁

座標: 北緯34度57分26.0秒 東経137度8分54.0秒