メインメニューを開く

矢倉克夫

矢倉 克夫(やくら かつお、1975年昭和50年〉1月11日 - )は、日本政治家。日本・アメリカ合衆国ニューヨーク州弁護士公明党所属の参議院議員(1期)。農林水産大臣政務官第3次安倍第2次改造内閣)を務めた。

矢倉 克夫
やくら かつお
生年月日 (1975-01-11) 1975年1月11日(43歳)
出生地 神奈川県横浜市
出身校 東京大学法学部
前職 経済産業省通商政策局通商機構部参事官補佐
所属政党 公明党
公式サイト 参議院議員 矢倉かつお

選挙区 埼玉県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2013年7月29日 - 現職
テンプレートを表示

埼玉県さいたま市浦和区在住。妻との2人暮らし[1]

目次

来歴編集

東京大学法学部を卒業後、司法試験に合格[1][2][3][4]弁護士として主に企業法務を担当し、様々な業界の企業再編に携わる。

アメリカ合衆国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)、中華人民共和国復旦大学留学。現地法律事務所での実務経験も積み、2009年から2012年3月まで経済産業省に出向する。経済産業省では通商政策局通商機構部参事官補佐を歴任した[2][3]

2013年7月、第23回参議院議員通常選挙埼玉県選挙区から公明党公認・自民党推薦で出馬し、初当選を果たす。

2016年8月5日、第3次安倍第2次改造内閣で、農林水産大臣政務官に就任[5]

略歴編集

主張編集

2013参院選 毎日新聞候補者アンケートによると

  • 憲法9条の改正に賛成し、自衛隊の役割や限界を明記すべきとしている[6]
  • 集団的自衛権の行使を目的とした憲法解釈の見直しは行うべきでないとしている[6]
  • 日本の核武装について、将来にわたって検討すべきでないとしている[6]
  • 首相や閣僚靖国神社に参拝すべきでないとしている[6]
  • 村山談話河野談話を見直すべきでないとしている[6]
  • TPP交渉参加に賛成[6]
  • 雇用の金銭解決制度に賛成[6]
  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛成[7][8]。「政府がスローガンとしてかかげる一億総活躍社会は、一人ひとりがありのままの姿で多様な生きかたをする社会だと思う。姓を変えないといけないという『苦しみ』をなくしていきたい」と述べている[9][10]

現在の役職編集

公明党編集

  • 党参議院筆頭国会対策副委員長
  • 党青年委員会副委員長
  • 党国際局次長
  • 党埼玉県本部副代表
  • 党経済産業部会部会長代理
  • 党外交部会副部会長
  • 党農林水産部会副部会長
  • 党被災地復興支援福島担当

参議院編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集