矢原 美紀夫 ( やはら みきお、1947年4月4日 - )は、 松濤館スタイルの空手家。 段位は十段位[1]

矢原 美紀夫
生年月日 (1947-04-04) 1947年4月4日(73歳)
出身地 愛媛県
居住 日本
民族 日本人
スタイル 空手道
松濤館流
ランク 空手10段
職業 コーチ
会社員
大学 国士舘大学

矢原は昭和22年愛媛県出身で、古くから武士のルーツを持つ名家の4男[2]。彼は柔道で武道の訓練を始めた。その後、日本空手協会(JKA)で空手の修業のため上京を考えて国士舘大学に進学し、勉学をしながら、一方で協会の研修生(ジュニアインストラクター) となり、競技空手選手としてキャリアを始める。1974年から1984年にかけて、組手と型の両方で大きな成功を収めた[3]

1987年から1999年まで続いたJKAでのリーダーシップのためのいさかいの後、2000年、矢原は独自の組織である空手道世界連邦[4]を設立することを決定した。

トーナメントの実績編集

JKA全日本選手権編集

  • 1984年-3位(組手)、1位(型)、グランドチャンピオン[5]
  • 1983-2位(型)
  • 1982-3位(組手)、2(型)
  • 1981-2位(型)
  • 1980-2位(型)
  • 1979-3位(組手)
  • 1978-2位(組手)、2nd(型)
  • 1976-3位(組手)
  • 1975年-2位(組手)

JKA世界選手権編集

  • 1983-2位(型)
  • 1980-2位(型)
  • 1977-2位(型)

参考文献編集

  1. ^ Mikio Yahara 10th Dan”. 2020年6月28日閲覧。
  2. ^ Микио Яхара” (Russian). usko-prim.ru. 2017年4月20日閲覧。
  3. ^ JKA All-Japan and World Championships”. svkarate.com. 2017年4月20日閲覧。
  4. ^ Larionov. “Mikio Yahara: The ‘One Finishing Blow’ Concept”. karatenomichi.ru. 2017年4月20日閲覧。
  5. ^ JKA Champions”. svkarate.com. 2017年4月21日閲覧。

外部リンク編集