矢口町

日本の東京府荏原郡にあった町

矢口町(やぐちまち)は、東京府荏原郡にかつて存在した町である。東京都大田区の南西部に位置する。おおむね東京都道311号環状八号線(環八通り)沿いにあたる。

やぐちまち
矢口町
廃止日 1932年10月1日
廃止理由 編入合併
羽田町蒲田町矢口町六郷町東京市
現在の自治体 大田区
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京府
荏原郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
総人口 18,261
(第3回国勢調査、1930年10月1日)
隣接自治体 東京府荏原郡六郷町、蒲田町、池上町東調布町
神奈川県川崎市橘樹郡中原町
矢口町役場
所在地 東京府荏原郡矢口町
座標 北緯35度33分43秒 東経139度41分25秒 / 北緯35.56203度 東経139.69025度 / 35.56203; 139.69025座標: 北緯35度33分43秒 東経139度41分25秒 / 北緯35.56203度 東経139.69025度 / 35.56203; 139.69025
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

沿革編集

交通編集

鉄道編集

道路編集

現在の地名編集

下丸子新蒲田多摩川東矢口矢口(いずれも大体の範囲)

教育機関編集

施設編集

  • 慶應義塾新田運動場 - 1926年開設。400mトラックおよび蹴球場、1万5千人収容の野球場、テニスコートも備えていた。跡地は同潤会に売却された[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

関連書籍編集

外部リンク編集