矢吹二朗

矢吹 二朗(やぶき じろう、1949年1月6日[2][3][4] - )は、日本俳優・会社員。特定非営利活動法人森林デザイン研究所代表[5][6]。本名は前田 満穂まえだ みつほ[7][8][3][9]。別名は千葉 治郎ちば じろう。1976年に矢吹 二朗へと改名した[3]。2006年以降に出演したイベントや雑誌記事においては、千葉治郎の名が再び用いられている(後述)。千葉県君津市八幡町出身[2]関東高等学校卒業[7]。兄は千葉真一[3][10]、姪は真瀬樹里、甥は新田真剣佑

やぶき じろう
矢吹 二朗
本名 前田 満穂(まえだ みつほ)
別名義 千葉 治郎(ちば じろう)
生年月日 (1949-01-06) 1949年1月6日(68歳)
出生地 千葉県君津市八幡町
国籍 日本の旗 日本
身長 174cm[1]
職業 俳優
活動期間 1969年 - 1982年
活動内容 1969年:デビュー
1970年JAC入団
1975年:映画初主演
1982年:引退
著名な家族 千葉真一(兄)
真瀬樹里(姪)
新田真剣佑(甥)
主な作品
映画
けんか空手 極真拳
激突! 合気道』『ラグビー野郎
やくざの墓場 くちなしの花
さらば愛しき大地
テレビドラマ
仮面ライダー』『ロボット刑事
ザ・ボディガード』『ザ・ゴリラ7
柳生一族の陰謀
爆走!ドーベルマン刑事

目次

来歴・人物編集

二男三女の二男[7]1967年、高校を卒業後、文学座附属演劇研究所に第7期生として入り、翌年卒業[7]。社会経験のため、皿洗い、トラック運転手の助手、バンドボーイなどさまざまな職業を経て、1969年ブラックチェンバー』(フジテレビ)に千葉治郎の芸名でデビュー[7][3]。芸名は、この『ブラックチェンバー』の原作者の生島治郎から名前を授かった[11][12]。特技は、少林寺拳法合気道空手[1]

1970年、兄・千葉真一の主宰するジャパンアクションクラブに入る[7]。その後も藤岡弘、の大怪我により急遽出演が決まった『仮面ライダー』(毎日放送)をはじめとする多くの特撮テレビドラマ、アクション作品に出演した[11][3]

1975年、『激突! 合気道』(東映)で映画初主演を果たし、翌年の『ラグビー野郎』(同)で主人公の名前をとって「矢吹二朗」と改名する[7]1976年丹波哲郎が主宰する丹波プロダクションに移籍[7]し、多くの作品で活躍するが、1982年に俳優を引退[3]。この時は、演じる方はもういいから、映画などを創る側になりたいという思いがあったといい[11][8][注釈 1]、、また、兄と常に比較される芸能生活への悩みもあったという[14]

俳優を引退後、古着屋経営を経て[8]、千葉県森林整備協会にて県有林保護監視員として活動[15][3][16]。2008年には、特定非営利活動法人森林デザイン研究所を設立[5]。2015年時点では東京ドイツ村に勤務、同村内に在り、自ら企画した『ジージの森』を運営。ジージの森の名前は「お爺ちゃん(爺じ)が子供の頃に自然の中でやっていた遊びを今の子供たちにも伝えたい」という意味で名付けた[11][14]

また、2006年には再び千葉治郎の名で、仮面ライダー誕生35周年記念イベント「面祭2」にゲスト出演[17]。2009年3月に川崎市内のミニシアターで劇場版仮面ライダー上映イベントが催された際も、千葉治郎の名で佐々木剛とともにトークイベントを行った。

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

演劇編集

音楽編集

  • 僕のパラ(1971年、キャニオン※シングル B面は「雨の朝ふたり」

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 書籍『仮面ライダー伝説』では引退の理由としてジャパンアクションクラブの経営に携わるためと記している[13]

出典編集

  1. ^ a b 日本タレント名鑑 '80』 VIPタイムズ社、1980年、206頁。
  2. ^ a b 『日本映画俳優全集 男優編』 キネマ旬報社1980年、601頁。
  3. ^ a b c d e f g h 仮面ライダー怪人大画報 2016, p. 196, 「仮面ライダー スタッフ・キャスト人名録 2016年版」
  4. ^ 岡謙二 1999, p. 233
  5. ^ a b 特定非営利活動法人 森林デザイン研究所(特定非営利活動法人 日本NPOセンターNPOヒロバによる登録情報)
  6. ^ 「仮面ライダー」千葉治郎 東京ドイツ村「ジージの森」の顔に”. 日刊ゲンダイ (2015年1月26日). 2015年1月26日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h 『日本映画俳優全集 男優編』 キネマ旬報社1980年、602頁。
  8. ^ a b c 仮面ライダー怪人大全集 1986, p. 216, 「仮面ライダーSTAFF CAST SPONSORインタビュー」
  9. ^ 岡謙二 1999, p. 233
  10. ^ 岡謙二 1999, p. 233
  11. ^ a b c d 『昭和40年男』2015年6月号(クレタパブリッシング)136-139ページ
  12. ^ 岡謙二 1999, p. 234
  13. ^ 岡謙二 1999, pp. 236-237
  14. ^ a b 爆報! THE フライデー」(TBSテレビ)2015年8月7日放送[出典無効]
  15. ^ 岡謙二 1999, p. 237
  16. ^ 以下の文献に詳述。
  17. ^ 以下の文献に詳述。

参考文献編集

関連項目編集