メインメニューを開く
矢吹省三

矢吹 省三(やぶき しょうぞう[1][2] / せいぞう[3]1883年明治16年)7月23日 - 1950年昭和25年)12月27日[1])は、日本の実業家政治家華族貴族院男爵議員

目次

経歴編集

東京府出身[3]。旧幕臣陸軍中将矢吹秀一の三男として生まれる[1]1908年東京帝国大学法科大学政治学科を卒業[3][4]。父の死去に伴い1910年1月19日、男爵を襲爵[5]

横浜正金銀行書記、富士生命保険 (株) 取締役、東京タクシー自動車 (株) 取締役、東京貿易 (株) 社長などを務めた[3]

1918年7月、貴族院男爵議員に選出され公正会に属して活動した。加藤高明内閣第2次若槻内閣外務政務次官濱口内閣海軍政務次官、濱口内閣大蔵政務次官、預金部資金運用委員会委員、議員制度調査会委員、議員制度審議会委員、鉄道会議臨時議員などを歴任[3]1946年6月19日に貴族院議員を辞職した[6]

栄典編集

脚注編集

  1. ^ a b c 『日本人名大辞典』1950頁。
  2. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、763頁。
  3. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』87頁。
  4. ^ 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』641頁。
  5. ^ 『官報』第7970号、明治43年1月20日。
  6. ^ 『官報』第5838号、昭和21年7月2日。
  7. ^ 『官報』第731号「叙任及辞令」1915年1月12日。

参考文献編集


日本の爵位
先代:
矢吹秀一
男爵
矢吹(秀一)家第2代
1910年 - 1947年
次代:
華族制度廃止