メインメニューを開く

矢城 潤一(やぎ じゅんいち、 1961年10月1日 - )は、日本の映画監督脚本家。本名は八木潤一郎(やぎ じゅんいちろう)

神奈川県三浦市出身。神奈川県立横須賀高等学校専修大学経済学部卒業。大学を卒業後、フリーの助監督になる。北野武原田眞人長崎俊一など個性的な監督の現場で経験を積んだ後、自己資金で『ある探偵の憂鬱』を監督。バンクーバー国際映画祭 ドラゴン&タイガーアワードにノミネートされる。以降、様々な映像作品に関わりながら、テレビドラマや映画の脚本も手がけるようになる。

初小説『55(ごじゅうご)』が第5回「日本ラブストーリー大賞」エンタテインメント特別賞を受賞した。

『原田眞人の監督術』という本の中で、『KAMIKAZE TAXI』のチーフ助監督時代のエピソードと共に優秀な助監督だった一人として取り上げられている。

目次

監督編集

  • ある探偵の憂鬱(2000年、製作、監督、脚本、編集)
  • Rolling Eggs(2001年、監督、脚本、編集)Webムービー
  • GORGEOUS!〜僕のエンジェル(2006年、監督、編集)Webムービー
  • ねこのひげ(2008年、監督、編集)
  • ばななとグローブとジンベエザメ(2013年、監督、編集)
  • スカブロ(2017年、脚本、監督)

脚本編集

小説編集

  • ふたたび(2010年、宝島社文庫)※『55』から改題

その他編集

  • Please kill me(2002年、監督、脚本)ショートフィルム
  • EN_GAWA(2005年、監督、脚本、編集)ショートフィルム
  • パンクロックなバス停(2008年、演出、脚本)舞台(東京俳優市場
  • 『茨の木・小林幸子』PV(2012年、企画、演出)

外部リンク編集