矢大臣(やだいじん)は、 神社随身門の左右に安置されている、随身の装束をした2神像のうち、向かって左方の弓矢をもっている神像。

概略編集

神社の門守(かどもり)の神である。 闕腋袍を着て、巻纓のをかむり、緌をし、剣を佩き、弓箭を帯する。 箭を負うことから矢大臣といい、随身門を矢大臣門ということがある。 しかし大臣ではなく、看督長(かどのおさ)である随身である。

天石門別神をいうとも、天孫降臨のとき天忍日命および天久米命が、天石靭をとり、頭椎の大刀を佩き、天波十弓をとりもち、天真児矢をたばさみ、先に立ったさまをうつしたともいう。

関連項目編集

  • 左大神 - 矢大臣と対になる向かって右方の兵杖をもつ像。