矢島 賢(やじま けん、クレジット表記・ken yajima、1950年3月18日 - 2015年4月29日[1])は、日本ギタリストスタジオ・ミュージシャン

矢島 賢
生誕 (1950-03-18) 1950年3月18日
死没 (2015-04-29) 2015年4月29日(65歳没)
ジャンル J-POP
ニューミュージック
歌謡曲
職業 ギタリスト
スタジオ・ミュージシャン
担当楽器 ギター
活動期間 1969年 - 2015年
共同作業者 矢島マキ
長渕剛
Light House Project
TABO'S PROJECT

ベーシスト江藤勲らとともに、日本の歌謡曲の黄金時代を、サウンド面で支えた。

経歴編集

群馬県前橋市生まれ。群馬県立渋川高等学校卒業後上京。ベトナム戦争最中の1969年より、横田厚木等の在日米軍基地の将校クラブ、ティーンズ・クラブ等で演奏した。当時のゲストボーカルは五輪真弓

その後東芝レコードプロデューサー渋谷森久の目に留まり、徐々にバンド活動からスタジオ・ミュージシャンの道を歩み始める。郷ひろみの「男の子女の子」や、山口百恵の「プレイバックPart2」、近藤真彦ハイティーン・ブギ[2]などのヒット曲のセッションに参加し、セッション・ギタリストとしての名声を高める。他にも沢田研二井上陽水吉田拓郎長渕剛など数多くのアーティストのレコーディングに参加。しかし、これらのシングルには名前が表記されないことが多く、矢島の活動が知られるようになったのは2000年代になって再評価が進んでからである。

1981年にフェアライトII、その後フェアライトIIIを導入し、アメリカMCI製2インチ24トラックとサウンドクラフト製コンソールで、ホームレコーディングを都内で始めた。

1982年には「矢島賢&ヴィジョンズ」名義で『REALIZE』発表。

1984年から妻であるキーボーディストの矢島マキ(田代真紀子)[3]岩沢幸矢・MANA夫妻と結成した「Light House Project」名義で編曲を主として活動(下記参照)。[4]

長渕剛は矢島のことを「ソロギタリストで唯一頭が上がらない人物」と公言し、長渕の「」は矢島のために書いた曲と言っており、矢島のギターソロが大々的にフィーチャーされている。

長渕は「Guitar Magazine」2009年11月号のインタビューの中で、『クラプトンも好きだし、クレイジー・ホースとニール・ヤングも好きだし……後、矢島賢だね、俺は。今はどこかへ消えちゃったけど。探してるけどいないんだ、行方不明なんだよ(笑)。クレイジーでぶっ飛んでて、あんなブルース・ギターを弾ける人は日本にはいないよ。俺は彼と1980年から7年位一緒にバンドをやったけど、凄かった。あの人のギターは今までで一番。どんな海外のアーティストよりも凄い。ロスの有名なティム・ピアースのプレイもエッジが尖っててソリッドでバーンと伝わってくるけど、矢島賢のプレイはそれ以上だ。ぜひ、また一緒にやりたい。復活してほしいね。』と語っている。

その後、「Guitar Magazine」2013年11月号に矢島のロングインタビューが掲載された。

2015年4月29日に死去。享年65歳。

死後の2016年に発売された『ニッポンの編曲家』(川瀬泰雄+吉田格+梶田昌史+田渕浩久編、ディスクユニオン)に、最後のインタビューが収載された。

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

  • REALIZE(1982年、矢島賢&ヴィジョンズ名義)

サウンドトラック編集

音楽編集

作曲編集

編曲編集

参加作品編集

あ行編集

か行編集

さ行編集

た行編集

な行編集

は行編集

ま行編集

や行編集

ら行編集

Light House Project編集

脚注編集

  1. ^ 昨日、ギタリスト矢島賢さんがお亡くなりになりました。ご冥福をお祈り致します。実は、DU BOOKSで今秋発売に向けて制作中の『ニッポンの編曲家(仮)』において、昨年11月にインタビューをさせていただきました。詳細は追ってご報告します! diskunion/DU BOOKS Twitter 2015年4月30日閲覧
  2. ^ 山下達郎のサンデー・ソングブック』(2014年1月26日放送)
  3. ^ 荒井由実のステージのツアーメンバーとしてデビュー、1978年頃よりスタジオミュージシャンとしての仕事を多くするようになり、“田代マキ”や“MAKI”の名前で活動していた。
  4. ^ 84年のアルバム「A-bec」で「Light House Is"MANA" "MAKI" "SA-ching" "KEN"」と表記されている。