矢崎 虎夫(やざき とらお、1904年(明治37年)7月25日 - 1988年(昭和63年)9月24日)は、茅野市出身の彫刻家である。 日本陶彫会副会長。亜細亜美術交友会名誉理事。茅野市名誉市民

ヴァンセンヌの森矢崎虎夫制作「雲水群像 (Pèlerins des nuages et de l'eau)」1971年

来歴編集

この節の出典:[1][2]

長野県諏訪郡永明村(現茅野市)生まれ。平櫛田中に師事。1929年院展に初入選、院展白寿賞3回。1964年渡欧し、ウィーン大学で仏教芸術を講義した後、パリザッキンに師事。1966年日府展(日本画府展)で文部大臣賞。1973年長野市野外彫刻賞。晩年は仏教を主題に木彫像を制作。1988年に東京都小平市の自宅で逝去、享年84。

年譜編集

  • 1959年 日本美術院展白寿賞「立女」。
  • 1964年 渡欧オシップ・ザッキンに師事。
  • 1965年 フォワイエ・デ・ザルテイスト画廊(パリ市)にて個展。
  • 1966年 日府展・文部大臣賞「雷電像」。
  • 1970年 EXPO'70(大阪万博)に戦没者慰霊と世界平和を願った「平和観音像(世界平和同願観世音菩薩像)」を出展。
  • 1971年 大阪万博の ラオス館をラオス国王サワーンワッタナーから寄贈された中観会[3]が建物を諏訪市霧ケ峰に移築し、全戦没者の慰霊と世界平和を祈願する無宗派の寺院、「国際霊廟中観山同願院昭和寺」を建立、矢崎の「平和観音像」を安置した[4]
  • 1973年 パリ市ヴァンセンヌの森に「雲水群像」建つ。同年箱根彫刻の森美術館大賞展「托鉢」当館に収蔵。
 
ヴァンセンヌの森・矢崎虎夫制作「雲水群像 (Pèlerins des nuages et de l'eau)」1971年
 
八重垣姫像
 
永明寺山「釈迦像」

代表作編集

 
雷電爲右エ門像

所蔵美術館編集

蓼科高原美術館矢崎虎夫記念館編集

  蓼科高原美術館矢崎虎夫記念館
施設情報
専門分野 美術館
事業主体 北八ヶ岳スノーリゾート
所在地 391-0301
長野県茅野市北山4035 
位置 北緯36度03分30秒 東経138度17分05秒 / 北緯36.058236度 東経138.284741度 / 36.058236; 138.284741座標: 北緯36度03分30秒 東経138度17分05秒 / 北緯36.058236度 東経138.284741度 / 36.058236; 138.284741
アクセス 北八ヶ岳ロープウエイ駐車場より正面に見える建物。ロープウェイより徒歩約1分
外部リンク 蓼科高原美術館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
地図

蓼科高原美術館・矢崎虎夫記念館は、矢崎虎夫の彫刻作品を主に展示している美術館。長野県のほぼ中央、避暑地として知られる蓼科高原にある。 北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅近くにあり、ロープウェイ運営会社がピラタス蓼科スノーリゾートと共に運営している。

  • 開館時間 午前10時~午後3時(受付時間 10:00~14:30)
  • 休館日 不定休 11月~4月は冬季休館。
  • 入館料 大人 500円/子供 300円 (30名以上の団体場合は大人 400円/子供 250円)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『矢崎虎夫』 - コトバンク
  2. ^ 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『矢崎虎夫』 - コトバンク
  3. ^ 戦時中の昭和16年(1941年)長野、富山、石川県から召集された砲兵第一甲隊66名が、終戦後、昭和35年(1960年)に諏訪市で戦友会として中観会を結成した。
  4. ^ 参考文献1971年6月5日昭和寺建立を伝える南信日々新聞の記事参照(現長野日報)、国会図書館
  5. ^ 脚注:歌舞伎の『本朝廿四孝』のヒロイン。菊姫 (上杉景勝正室)がモデルとされる。
  6. ^ 蓼科高原美術館」(2015年10月11日閲覧)。

参考文献編集

  • 滝澤忠義「信州とフランス」1996年 桐原書店ISBN 978-4434229480
  • 「矢崎虎夫作品集」1985年、矢崎虎夫作品刊行会
  • 矢崎虎夫「矢崎虎夫滯欧作品集 1964-1965」. NCID BN13017522.